HUAWEI P9 lite PREMIUM実機レビュー

HUAWEI P9 lite PREMIUM(VNS-L52)というUQモバイル独占販売端末の実機レビューをお届けしていきます。
先日より、各MVNOでHUAWEI P10およびP10 liteの販売が開始されました!
近々、P10 liteとP9 liteとの比較レビューなんかも行いたいと思います!

UQモバイル独占販売「P9 lite PREMIUM」

発売から7ヶ月ほどが経つ、このP9 lite PREMIUMですが、UQモバイルの人気端末の地位を維持しています。

SHARPの最新SIMフリースマホ「AQUOS L2」と並び、コスパの高さから人気を博している端末。

その魅力はコスパに尽きる。端末価格100円なり

さて、コスパが高いとはいうけれど、実際いくら払うのよ?

端末価格は100円です。

しかし、もう騙されません。
端末価格マジックには。
端末代金が100円って言ったって、2年総額でみたら、べらぼうに高いというオチがあるでしょ?と思えますが、さすがは格安スマホと言われるだけあります。

これを証明する為に、UQモバイルの「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」の最低利用期間である2年間の総支払額を見てみたいと思います。

割賦代金込みでの各プランの2年総額

まずは、おしゃべりプランS・ぴったりプランSでの2年総額を計算してみたいと思います。

初期費用:3,100円(税別)
・SIMパッケージ代3,000円
・P9 lite PREMIUM端末代金100円

月額費用の24ヶ月計:58,520円(税別)
・1~13ヶ月目:1,980円/月
・14~24ヶ月目:2,980円/月

※別途ユニバーサルサービス料が月額2~3円ほど掛かります。

プランS 2GB/月 無料通話60分
おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。2年間の総額:61,620円
1ヶ月あたり:2,568円(2年総額÷24の金額)

つづいて、プランMの2年総額。

プランM 6GB/月 無料通話120分
おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。2年間の総額:85,620円
1ヶ月あたり:3,568円(2年総額÷24の金額)

こちらが、プランLの2年総額。

プランL 14GB/月 無料通話180分
おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。2年間の総額:133,620円
1ヶ月あたり:5,568円(2年総額÷24の金額)

端末代込みで、この値段ですから、
さすがは、格安スマホ。

や、やすい!

こんだけ安いんだから、さぞかしスペックが悪くて、動作も重くてあとあと後悔しそうだなー。なんて思う方もいそうですが、最近のファーウェイの端末はかなり出来がいいです。

XperiaやiPhoneのようなガッシリとした筐体の高級感こそありませんが、逆を言えば、軽量でコンパクトな造りになっていますし、この軽さはくせになりそうと思えるほど。

おそらく、UQモバイルの中でも一番人気のプランは、おしゃべりプランS・ぴったりプランSなので、2,568円で端末代金込みなら、かなり納得のいく金額設定かと思います。

当サイトなら最大10,000円キャッシュバック!

当サイトの指定リンクから、UQモバイルをご契約頂くと、10,000円キャッシュバックが受けられます。

UQモバイル公式サイトにも掲載されていないキャンペーンですので、お見逃しなく!

【格安SIM比較.jpn.com X UQモバイルコラボ】
→ 【UQモバイル公式】最大10,000円キャッシュバック特設ページ

キャッシュバックを差し引いた2年総額

キャッシュバックも含めて、2年総額を計算すると、とんでもなく安いです。

プランSで一月あたり2,151円。
(P9 lite PREMIUMの本体料金もコミコミ)

どうでしょう?キャリアの月額料金と比較してみて。
これが格安SIM・格安スマホが急速に普及している理由です。

プランS 2GB/月 無料通話60分
おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。2年間の総額:51,620円
1ヶ月あたり:2,151円(2年総額÷24の金額)

つづいて、プランMの2年総額。

プランM 6GB/月 無料通話120分
おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。2年間の総額:75,620円
1ヶ月あたり:3,151円(2年総額÷24の金額)

こちらが、プランLの2年総額。

プランL 14GB/月 無料通話180分
おしゃべりプランの場合、無料通話なしで、5分かけ放題。2年間の総額:123,620円
1ヶ月あたり:5,151円(2年総額÷24の金額)

P9 lite PREMIUMレビュー

ということで、UQモバイル限定のHUAWEI P9 lite PREMIUMのレビューをお届けしていきます。

まずは、P9 lite PREMIUMの付属品をレビューした後、本体レビューしていきます。

P9 lite PREMIUMの付属品レビュー

こちらが、Huawei P9 lite PREMIUMのパッケージです。
相変わらず、Huaweiはパッケージが同じですね。

ピュアホワイトをベースに金文字で端末名のロゴ。

Huawei P9 lite Premium

こちらがP9 lite PREMIUMパッケージ背面。

P9 lite Premiumパッケージ裏面

パッケージを開けると、いきなりP9 lite PREMIUM。
パッと見、nova liteやhonorと同じように見えます。
とにかく、パッケージにしろ、本体にしろ、デザイン費用にコストを割かないというのも特徴かもしれません。

P9 lite Premiumパッケージ中身

iPhoneやXperiaが「所有したいスマホ」とするなら、
P9 liteは、「安い癖に、超絶使えるスマホ」という感じでしょうか。

P9 lite Premium付属品の箱3つ

純正イヤホン・USBケーブル

こちらが、P9 lite PREMIUM付属のUSBケーブルとイヤホンマイク。
どちらも純正品といった感じのチープなデザイン。

P9 lite Premium付属のイヤホンとマイクロUSBケーブル

ACアダプター(USB充電器)

こちらが、P9 lite Premium専用ACアダプター。

P9 lite Premium付属のACアダプター

USB端子側。

P9 lite Premium付属のACアダプター端子側

出力は5V 1Aと至って普通の性能です。
AnkerやAukeyのUSB充電器の方が良いでしょうね。

P9 lite Premium付属のUSB充電器

P9 liteと違い、P9 lite PREMIUMは、クアルコム製のプロセッサーを搭載していますので、Quick Charge3.0に対応しています。

P9 lite PREMIUM保証書

この薄型の箱、

P9 lite Premium説明書ボックス

裏面に、SIMリリースピンがついていますので、お見逃しなく。

P9 lite Premium SIMリリースピン

箱の中には、保証書とクイックスタートガイドが入っています。

P9 lite Premium_付属書類一覧

まず、保証書。
保証書は、2枚同封されています。

・P9 lite PREMIUMの本体保証書
・USB充電器(ACアダプター)の保証書

P9 lite Premium_保証書

裏面が、修理依頼書となっています。

P9 lite Premium_修理依頼書

P9 lite PREMIUMクイックスタートガイド

こちらが、P9 lite PREMIUMのクイックスタートガイド。
要点だけをまとめたかんたんな取扱説明書といった感じです。

詳細な項目まで記載してある完全版の取扱説明書は、UQモバイル公式サイトにアップロードされています。

HUAWEI P9 lite PREMIUM取扱説明書

簡単にクイックスタートガイド記載の項目を一部だけ、ご紹介していきたいと思います。

P9 lite Premium_クイックスタートガイド

各部の名称の説明。

P9 lite Premium_各部の名称

指紋IDの登録と指紋によるロック解除の方法。

P9 lite Premium_指紋認証

・携帯電話機の比吸収率(SAR)について
過去発売されたHuawei製の端末のクイックスタートガイドには数値が明示されていましたが、HUAWEI P9 lite PREMIUMのSARは明示されていません。
「いずれも許容値を満足しています。」という表記のみでした。

P9 lite Premium_SARについて

P9 lite PREMIUM専用の純正カバー

Nova liteからだと思いますが、HUAWEIでは、純正のクリアカバーが同梱されるようになりました。

P9 lite Premium_付属のカバー

カバーなんてなんでもいい!という方には嬉しいおまけですね。

P9 lite Premium_純正クリアカバー

完全に透明なタイプではなく、ハーフクリアタイプのものです。
素材は、TPUやシリコン製の柔らかいものではなく、プラスチック系の素材(ポリカーボネート?)

P9 lite Premium_純正の半透明ケース

装着した感じがこちら。
かなりスマートなタイプなので、傷防止には役立ちそうですが、耐衝撃性は期待できそうもありません。

P9 lite Premium_本体外観_おもて面

裏面の感じ。

P9 lite Premium_本体外観_背面

意外と使い勝手は良さそうなカバー!

P9 lite PREMIUM 本体レビュー

それでは、HUAWEI P9 lite PREMIUMの本体をレビューしていきたいと思います!

P9 lite Premium_本体外観_右側面

コネクター形状は、マイクロUSBコネクタ(micro-B)。

P9 lite Premium_本体外観_底面

徐々にUSB Type-Cが普及してきていますので、Huaweiのミドルレンジ端末もそのうちUSB Type-Cが採用されるかもしれません。
(楽天モバイル限定のHuawei honor8は既に、USB Type-Cが採用されています。)

本体左側面には、SIMソケット。
SIMピンを刺すことで、SIMトレーを取り出せます。

P9 lite Premium_本体外観_左側面

本体上部には、
・ノイズ低減マイク
・イヤホンジャック

P9 lite Premium_本体外観_上部

地味に、液晶保護フィルムが貼ってあります。

P9 lite Premium_本体外観_液晶保護フィルム

P9 lite Premium_本体外観_液晶保護フィルム

HUAWEI P9 lite PREMIUMの本体背面がこちら。

P9 lite Premium_本体_背面1

裏面上部には、ちょっとしたアクセントが加えられています。
本体色がソリッドなホワイトに対して、カメラのある部分から横一直線に光沢のあるアクセント。

Android起動から初期セットアップ

早速、起動していきましょう。
P9 lite PREMIUMのOSは、Android 6.0です。

P9 lite Premium_起動中1

起動時のHUAWEIロゴ。

P9 lite Premium_起動中2

まずは、言語の選択。

・日本語
・中国語
・台湾語
の3言語がプリインストールされています。

P9 lite Premium_言語の選択

地域の選択
日本語を選択すると、日本しか出てこない模様。

P9 lite Premium_地域の選択

つづいて、Wi-Fi設定。

P9 lite Premium_Wi-Fi設定

Wi-Fi経由で自動ダウンロード。
システムアップデートがある場合に、Wi-Fi経由で自動ダウンロードする。という設定になります。
これは当然ON。

P9 lite Premium_Wi-Fi経由で自動ダウンロード

発売から少し時間が経っているので、早速アップデートがありました。笑

VNS-L52C719B160

アップデートのインストールが終わると、
利用規約の同意画面。

P9 lite Premium_利用規約

Wi-Fi+サービスの選択。

P9 lite Premium_Wi-Fi+サービス

既にAndroidOSが搭載されたスマホをお持ちの場合、他の端末から、Googleアカウントを経由して、データの移行が簡単にできます。

今回は、「コピーしない」を選択しました。

P9 lite Premium_端末が増えた場合

つづいて、Googleアカウントを設定していきます。

P9 lite Premium_アカウントの追加

プライバシーポリシーへの同意。

P9 lite Premium_プライバシーポリシー

Googleドライブへのバックアップ設定。

P9 lite Premium_Googleサービス

画面ロックスタイルの設定。

P9 lite Premium_端末を保護

指紋IDとタップ制御について

P9 lite Premium_指紋ID

新しい指紋の登録(指紋ID)

P9 lite Premium_指紋登録

タッチを繰り返して、指紋を登録していきます。

P9 lite Premium_指紋ID登録

Huaweiホームの設定

P9 lite Premium_Huaweiホーム

ホーム画面は、Androidのソレです。

P9 lite Premium_ホーム画面

デフォルトのAPN設定を覗いてみたいと思います。

まずは、「設定」ボタンを押して、設定画面を開きます。
そして、「その他」をタップ。

P9 lite Premium_無線とネットワーク

つづいて、最上部「モバイルネットワーク」をタップ。

P9 lite Premium_モバイルネットワーク

つづいて、「アクセスポイント名」をタップ。

P9 lite Premium_APN設定

UQモバイルのAPNがデフォルトで登録されています。
今回、SIMカードを入れずに、レビューしているので、画面上部には、「緊急通報のみ」の表示が出ています。

そして、UQ mobileの文字の左にある、ラジオボタンをタップすることで、APN設定が完了となります。
ボタンが水色になっていたら、APN設定完了。

P9 lite Premium_UQモバイル APN

P9 lite PREMIUMスペックまとめ

UQモバイル限定で販売されているP9 lite PREMIUM。
はたして、端末代金100円で購入できる激安SIMフリースマホの実力とは?

P9 liteとP9 lite PREMIUMのスペック比較

まずは、docomo系MVNOで販売されているP9 liteとUQモバイル限定のP9 lite PREMIUMのスペックを対比させながら、比較していきたいと思います。

項目 P9 lite P9 lite PREMIUM
CPU kirin650 snapdragon617
CPU動作周波数 2.0GHz×4+1.7GHz×4 1.5GHz×4+1.2GHz×4
メモリ 2GB 3GB
急速充電 QC3.0には非対応?
下り通信速度 最大150Mbps 最大220Mbps
上り通信速度 最大50Mbps 最大25Mbps
画面サイズ 5.2インチIPS液晶
解像度 1920×1080 Full HD
OS Android6.0
記憶容量 16GB
バッテリー 3,000mAh
アウトカメラ 1300万画素 f2.0
インカメラ 800万画素 f2.0
指紋センサー 搭載
防水 非対応
防塵 非対応

P9 lite PREMIUMは、Qualcomm製のQuickCharge3.0に対応した、Snapdragon617を搭載しています。
しかし、

AnTuTu/3Dmark/Geekbenchのスコア比較

P9 liteとP9 lite PREMIUMは、搭載CPUが異なるのも目玉ですので、それぞれのベンチマークスコアを比較してみたいと思います。

ベンチマーク P9 lite P9 lite PREMIUM
AnTuTu 53,000前後 46,000前後
3Dmark
Sling Shot
前後 700前後
3Dmark
Sling Shot Extreme
前後 400前後
3Dmark
Ice Storm
前後 9,500前後
3Dmark
Ice Storm Extreme
前後 5,500前後
3Dmark
Ice Storm Unlimited
11,750前後 9,500前後
Geekbench
Single Core
900前後 700前後
Geekbench
Single Core
3,900前後 2,200前後

P10 lite PREMIUMの発売日は?

さて、つい先日、P10・P10liteが発売になりました。

気になるのは、P10 lite PREMIUMの発売日。
そもそも発売されるか分かりませんが、発売されるなら!ということで、予測してみたいと思います。

P9 liteの時と違って、P10 lite自体、AU VoLTEに対応していることもあり、P10 lite PREMIUMの発売事態が無い可能性も大いにあります。

P9 lite・P9 lite PREMIUMの発売日には、5ヶ月ほどのタイムラグがありました。

P9 lite 発売日:2016年6月17日
P9 lite PREMIUM 発売日:2016年11月25日

P10 lite 発売日:2017年6月9日
【予想】P10 lite PREMIUM発売日:2017年11月中旬