J:COMモバイルの格安ガラホ「J:COM MOBILE LG Wine Smart」予約開始!

みなさま、こんばんは。
SIM男でございます。

気づくのが遅くなってしまったのですが、
一昨々日(22日)より、J:COMの格安ガラホの予約が開始となっておりましたので、
情報共有になります。

J:COMモバイルが10月29日スタート!

10月29日より、J:COMがMVNO事業に参入します。

回線は、AU回線。
AU回線のMVNO(UQモバイル、mineo)は、
通信速度が快調なので、
J:COMモバイルにも期待したいところですね。

格安SIM・格安スマホを提供するMVNO、増える一方ですね。
逆に、最初に撤退するのが、どこになるのか気になったりしています。

J:COMモバイルですが、提供エリアが限られています。

J:COMモバイルの提供エリア

J:COMの提供エリアと同じようで、
札幌、仙台、関東、関西、九州・山口のみとなっているようです。

47都道府県中、22都府県に加え、
札幌、仙台ということで、
人口カバー率はそこそこ高そうですが、
とはいえ、対象エリアに入っていない方も多いですね。

ターゲットユーザーはシニア層

今回、ガラホのみの提供とのことで、
シニア層ターゲットなのでしょう。

そこでJ:COMの加入者の属性を調べてみたところ、
ピッタリの公式資料が。

データに見るJ:COMご利用者

上記資料によると、2014年のリサーチ結果のようですが、
50才以上の加入者が、加入者全体の44.6%を占めているそうで、なるほどと。

J:COMオンデマンドは、通信量にカウントしない

J:COMモバイル独自のサービスとして、
J:COMオンデマンドアプリ利用時の高速通信利用量は、
月間データ通信量にカウントしない。というサービスが付帯。

ガラホを使う方々も外出先で動画を見る時代なんですね。

J:COMの動画見放題なのはいいですが、
実際問題、通信速度の件が気になる所ではあります。

過去のAU系MVNOの実績からすると、期待してしまいますが、
J:COMモバイルがそれらと同等の速度を出すかどうかは全くの別問題ですし。

通信速度が遅かったら、データ通信量にカウントしないというメリット云々以前の問題です。

J:COMオンデマンド利用には、J:COM TV加入必須

J:COMモバイルを契約したところで、
J:COMオンデマンドアプリは利用できないらしく、
別途J:COM TVへの加入が必須のようです。

J:COM TVは、別途5,000円以上

で、このJ:COM TVですが、安いプランでも月額5,000円程度。
2年契約の長期割引適用して、この価格です。

契約チャンネル数によっては、7,000円程度のプランも。
(地域やマンション等の場合、また違うかもしれません。)

私の場合、地上波+huluで大満足なので、
ここに5,000円は払う気になれません…。

J:COMモバイルの料金が2,980円なので、
J:COMオンデマンド利用前提だと、
月額8,000円近くなります。

あくまで、既存のJ:COM契約者向けにしかメリットがないような印象は受けますね。

月額料金面でのアドバンテージはない

このJ:COMモバイル、月額2,980円となっていますが、
AU系MVNOのUQモバイルやmineoと比較して、
料金面でのアドバンテージは、ありません。

3GB音声通話プランの月額比較
J:COMモバイル 2,980円
UQモバイル 1,680円
mineo 1,510円

2016年1月11日までは、他社同等の価格

ただし、2016年1月11日までは、
キャンペーンを行っていて、
24ヶ月間1,375円の割引を実施。

端末代金33,000円が実質無料となるキャンペーンを実施中です。

月額2,980円-1375円 = 1,605円

24ヶ月間は、月額1,605円ということで、
他AU系MVNOと同等の料金で利用できます。

25ヶ月目以降は、月額2,980円となりますので、
また割高になります。

特に、J:COM TVの契約をお持ち出ない方の場合、
特にメリットがなく、他社よりも高い形になるので…。

端末代金は一括払いのみ

端末代金の割賦契約は、用意されていないようで、
一括払いのみの模様です。

端末代金は、税抜き33,000円となっています。

J:COMモバイルの端末は、LG Wine Smart

J:COMモバイルの端末は、フィーチャーフォンタイプのスマホ。
通称ガラホのLG Wine Smartです。

国内初登場の端末ですね!

最後に、
スペックをご紹介します。

LG Wine Smartスペック
OS Android 5.1.1 Lollipop
CPU MSM8909 Quad Core 1.1GHz
RAM 1GB
ROM 4GB
ディスプレイ 3.2インチ(320×480)
メインカメラ 300万画素
インカメラ 30万画素

ということで、久々の大手によるMVNO参入で、
期待しておりましたが、ガラホのみの端末ラインナップと、
ユーザーを選ぶ料金プランで少しガッカリです。

逆にいうと、すでにJ:COM TVご利用中のシニア世代の方には、嬉しい格安スマホかもしれませんね!

ということで、本日も最後まで、
お読み頂きまして、有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)