2016年以前の格安SIM速度ランキング

格安SIMの通信速度比較ランキング

こちらは、格安SIM速度ランキングの過去分になります。
以前は、一つの記事にまとめていましたが、文章量がかなり多く、過去分はこちらに移動しました。

最新版の格安SIM速度比較ランキングは、こちらにあります。

格安SIM速度

2016年以前の格安SIM速度ランキング

通信速度比較ランキング 2016年12月版

12月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO15社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・LINEモバイル
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・nuroモバイル
・OCNモバイルONE
・U-mobile
・U-mobile Premium
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile
・スマモバ

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内
使用機器(ルーター):Aterm MR05LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年12月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:12月19日(月)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:56.60Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:LINEモバイル
実効速度:24.78Mbps
契約プラン:コミュニケーションフリープラン3GB
公式サイト:https://mobile.line.me/

3位:Y!mobile
実効速度:18.59Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

4位:DTI SIM
実効速度:2.91Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

5位:U-mobile Premium
実効速度:1.72Mbps
契約プラン:Umobileプレミアムプラン
公式サイト:https://umobile.jp/premium/

6位:スマモバ
実効速度:1.02Mbps
契約プラン:プレミアムプラン
公式サイト:https://smamoba.jp/

7位:nuroモバイル
実効速度:0.97Mbps
契約プラン:データSIM2GBプラン
公式サイト:http://mobile.nuro.jp/

8位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.21Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

9位:楽天モバイル
実効速度:0.19Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

10位:OCNモバイルONE
実効速度:0.19Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

11位:IIJmio
実効速度:0.13Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

12位:DMMモバイル
実効速度:0.12Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

13位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.10Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

14位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.09Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

15位:U-mobile
実効速度:0.02Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2016年12月格安SIM速度比較の総評

今月ですが、とんでもない記録が出ました。
UQモバイルの速度、なんと56.60Mbps!

かれこれ2年近く、毎月、格安SIMの速度を計測していますが、50Mbps台は初めてです。
早くても、30Mbps台でしたので、今回の記録には目を疑いました。

UQモバイル、速度は恐ろしく快適です。

LINEモバイルも来てますね!
こちらも快速SIMの仲間入り。

DTI SIMが少し落ち込んでいますが、直近で実行速度の高速な格安SIMというと、
UQモバイル
Y!mobile
LINEモバイル
DTI SIM
あたりですね。

ちなみに、先月、OCNモバイルONEのSIMが認識せず、測定できませんでしたが、OCNモバイルONEサポートに問い合わせ、SIM交換してもらったところ、正常に使用できるようになりました。
SIMの初期不良だったようですが、こんな事もあるんですね…。

通信速度比較ランキング 2016年11月版

11月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO15社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・LINEモバイル
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・nuroモバイル
・OCNモバイルONE
・U-mobile
・U-mobile Premium
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile
・スマモバ

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年11月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:11月25日(火)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:23.76Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:Y!mobile
実効速度:22.69Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

3位:DTI SIM
実効速度:16.71Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

4位:LINEモバイル
実効速度:14.40Mbps
契約プラン:コミュニケーションフリープラン3GB
公式サイト:https://mobile.line.me/

5位:スマモバ
実効速度:12.77Mbps
契約プラン:プレミアムプラン
公式サイト:https://smamoba.jp/

6位:nuroモバイル
実効速度:8.66Mbps
契約プラン:データSIM2GBプラン
公式サイト:http://mobile.nuro.jp/

7位:DMMモバイル
実効速度:1.00Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

8位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.71Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

9位:IIJmio
実効速度:0.62Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

10位:楽天モバイル
実効速度:0.58Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

11位:U-mobile
実効速度:0.54Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

12位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.51Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

13位:U-mobile Premium
実効速度:0.36Mbps
契約プラン:Umobileプレミアムプラン
公式サイト:https://umobile.jp/premium/

14位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.25Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

SIM認識せず、測定不可:OCNモバイルONE
実効速度:–Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

2016年11月格安SIM速度比較の総評

まずはじめに、OCNモバイルONEがSIMサイズ変更手続き後、初の測定だったのですが、何度やっても、SIMが認識されないという災難に見舞われ、速度測定出来ませんでした。
こちら、後日サポートに問い合わせる予定です。

MR05LN 2台で試しましたが認識せず、ZenFone3に入れるも認識せず。
SIMの初期不良なのか、こんな事あるんですね…。

いつも通りですが、UQモバイルとY!モバイルは快速!
そこに並び、DTI SIMとLINEモバイルが続きます。こちらも実用面においては十分すぎる程の速度ですね。

先月の速度測定の総評で書きましたが、Umobile Premium期待していただけに、非常に残念です…。

通信速度比較ランキング 2016年10月版

10月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO14社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・nuroモバイル
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・U-mobile Premium
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile
・スマモバ

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年10月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:9月27日(火)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:Y!mobile
実効速度:22.16Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

2位:UQモバイル
実効速度:14.85Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

3位:U-mobile Premium
実効速度:10.33Mbps
契約プラン:Umobileプレミアムプラン
公式サイト:https://umobile.jp/premium/

4位:スマモバ
実効速度:6.67Mbps
契約プラン:プレミアムプラン
公式サイト:https://smamoba.jp/

5位:nuroモバイル
実効速度:4.07Mbps
契約プラン:データSIM2GBプラン
公式サイト:http://mobile.nuro.jp/

6位:DTI SIM
実効速度:4.07Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

7位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:3.59Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

8位:IIJmio
実効速度:0.23Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

9位:楽天モバイル
実効速度:0.19Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

10位:OCNモバイルONE
実効速度:0.18Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

11位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.18Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

12位:DMMモバイル
実効速度:0.15Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

13位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.13Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

14位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

15位:U-mobile
実効速度:0.02Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2016年10月格安SIM速度比較の総評

2016年10月の速度測定ですが、今回から、新たにnuroモバイルのSIMを追加しました。
こちら、まだ到着レビューがかけていませんが、また近々ご紹介していきたいと思います。

今回のスピードテストにおいては、LTE無制限が売りとなっている、Umobile Premium・スマモバが健闘した結果となりました。
Umobile Premiumに関しては、先月の速度測定時のコラムでも書いたとおり、Premiumの名を冠しただけあって、帯域の改善に本気で取り組みだした印象を受けますね。

Umobile Premiumに関しては、今後の実行速度にも期待したいと思います。

通信速度比較ランキング 2016年9月版

9月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO14社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・U-mobile Premium
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile
・スマモバ

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年9月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:9月27日(火)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:30.48Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:Y!mobile
実効速度:12.82Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

3位:DTI SIM
実効速度:4.07Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

4位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:3.39Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

5位:楽天モバイル
実効速度:2.78Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

6位:スマモバ
実効速度:1.40Mbps
契約プラン:プレミアムプラン
公式サイト:https://smamoba.jp/

7位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.89Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

8位:OCNモバイルONE
実効速度:0.46Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

9位:U-mobile Premium
実効速度:0.12Mbps
契約プラン:Umobileプレミアムプラン
公式サイト:https://umobile.jp/premium/

10位:DMMモバイル
実効速度:0.22Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

11位:IIJmio
実効速度:0.12Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

12位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.12Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

13位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

14位:U-mobile
実効速度:0.09Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2016年9月格安SIM速度比較の総評

2016年9月の速度測定ですが、少し遅くなってしまい申し訳ございません。

今月の速度ですが、やはり安定のUQモバイル・Y!mobile。
前述の2社と比較すると目劣りしますが、DTI SIMもdocomo系MVNOの中では、安定しています。
UQモバイル・Y!mobileと比較すると、プランも多く、万能なMVNOと言えます。

Wonderlink LTE・楽天モバイルと続き、今回初登場のスマモバが6位にランクイン。
スマモバは、プレミアムプランで契約していますので、今回計測時間帯も高速通信の速度です。

Umobileプレミアム、夜の時間帯だと、かなり調子良い速度が出る時もあるので、今回の結果は少し残念です。
「プレミアム」の名を冠しただけあって、U-NEXTさんも本気で速度改善に乗り出したのかなという印象を受けます。

今回の速度測定では、せっかく契約したばかりのLINEモバイルのSIMカードを持っていき忘れるという失態や、楽天モバイルが接続できないというハプニングも。

ということで、ついでに、楽天モバイルのAPN設定変更について、少しご紹介します。

つい先週あたりに、APN設定変更のお願いメールが来ていたのを思い出し、vdm.jpからrmobile.coに変更したら接続できたのですが、そもそも2016年11月30日でvdm.jpのAPNが使えなくなるので、2016年11月15日までにrmobile.coに変更してくださいというアナウンスだったはず!不可解な現象です。

今回から、新たに、スマモバ・Umobileプレミアムプランの速度測定を追加しました。

Umobileプレミアムプランのレビュー、書き忘れていたことを今思い出したので、また近々書きたいと思います!

また、新たに、MR05LNを手に入れたので、こちらのレビューも近々!と思っていますが、全然手が回りません。笑

通信速度比較ランキング 2016年8月版

8月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO12社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile(再び、測定し忘れました…)

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年8月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:8月19日(金)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:28.69Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:DTI SIM
実効速度:13.97Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

3位:DMMモバイル
実効速度:4.25Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

4位:楽天モバイル
実効速度:0.90Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

5位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:0.19Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

6位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.14Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

7位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.10Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

8位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.09Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

9位:OCNモバイルONE
実効速度:0.09Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

10位:U-mobile
実効速度:0.05Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

11位:IIJmio
実効速度:0.04Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

2016年8月格安SIM速度比較の総評

今月も格安SIMユーザーにとって鬼門である、お昼休みの時間帯に速度測定を!

上位3社を除き、1Mbpsを切る結果となりました。
UQモバイル、相変わらず強すぎます。速すぎます。
最安値のDTI SIMと比較しても、3GB通話プランが190円の違いですから、そこまで高いわけでもないので、速度を求める方にはオススメですが、料金プランのラインナップが幅広くありません。もっと容量の多いプランを増やしてほしいところではります。

MMO総研が発表した2016年3月末時点でのMVNO業界シェア3位の楽天モバイルが4位に入賞。
帯域の改善にも務めているような印象を受けます。

ちなみに、シェア1位はNTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE等)、2位はIIJとなっています。

通信速度比較ランキング 2016年7月版

7月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO12社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年7月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:7月14日(木)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:14.84Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

1位:Y!mobile
実効速度:14.84Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

3位:DTI SIM
実効速度:4.81Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

4位:mineo(Dプラン)
実効速度:1.31Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

5位:楽天モバイル
実効速度:0.70Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

6位:DMMモバイル
実効速度:0.41Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

7位:OCNモバイルONE
実効速度:0.17Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

8位:IIJmio
実効速度:0.17Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

9位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:0.12Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

10位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

11位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.07Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

12位:U-mobile
実効速度:0.04Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2016年7月格安SIM速度比較の総評

さて、今回も混雑時間帯の真っ只中。
12時のお昼時に、格安SIMの速度測定です。

言わずもがな安定のUQモバイルとY!mobile。
ダントツで安定した高速通信を叩きだしてくれます。
余計なお世話ですが、特にUQモバイルさん、そんな帯域確保していて経営大丈夫なんでしょうか?と不安になるぐらい安定の速度。

通信速度を求める方には、UQモバイル・Y!mobileがオススメです。

あとは、最近、UモバイルがLTE使い放題プラン改め、「U-mobile PREMIUM」というサービスを開始しましたが、これはただのサービス名称の改定のみなのか、通信品質の管理体制もリニューアルされているのか、非常に気になるところです。

U-mobile PREMIUMの契約と速度測定への追加も視野にいれていきたいと思います!

通信速度比較ランキング 2016年6月版

6月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO12社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年6月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:6月15日(水)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:26.28Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:Y!mobile
実効速度:16.66Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

3位:mineo(Aプラン)
実効速度:4.70Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

4位:楽天モバイル
実効速度:0.80Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

5位:DTI SIM
実効速度:0.59Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

6位:DMMモバイル
実効速度:0.20Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

7位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.14Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

8位:OCNモバイルONE
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

9位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

10位:IIJmio
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

11位:U-mobile
実効速度:0.02Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

12位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:0.02Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

2016年6月スピードテストの総評

最近の各MVNOの実効速度ですが、非常に大混戦を呈している印象を受けます。
日中のお昼休みの時間帯は、極端に速度が低下しているMVNOと、その時間帯においてもある程度の速度を出しているMVNOの二極化がより進んでいるように思っています。

キャリアの安定した回線を捨てて、安価な格安SIM・格安スマホに乗り換えるのであれば、お昼休み等の混雑時間帯においては、速度低下というリスクは大前提として考える方がよいのかもしれません。

そんな状況下においても、UQモバイルとY!mobileは安定ですね。
さすがとしか言いようがありません。

以前までは、ごく一部のMVNOのみが極端に遅いという結果が出ていましたが、最近では、多くのMVNOが極端に遅くなっています。

一点、気になったのは、今までどの時間帯でも比較的安定していたPanasonicのWonderlinkがかなりの不調だった点。Panasonicさんなので、きっちり対応してくれるでしょう!期待しています。

帯域増強や契約者の増加状況にも影響を受けるのが、MVNOの実効速度ですので、今後も必ず変動します。
格安SIM・格安スマホの認知度が安定して来た昨今ですので、今後の結果も楽しみにしながら、定点観測を続けたいと思います。

通信速度比較ランキング 2016年5月版

5月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO12社)

・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo(Aプラン)
・mineo(Dプラン)
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2016年5月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:5月18日(水)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:15.69Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:DTI SIM
実効速度:5.89Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

3位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:1.74Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

4位:mineo(Aプラン)
実効速度:0.97Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

5位:IIJmio
実効速度:0.18Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

6位:DMMモバイル
実効速度:0.15Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

7位:mineo(Dプラン)
実効速度:0.09Mbps
契約プラン:docomo回線 データ3GBプラン(Dプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

8位:楽天モバイル
実効速度:0.07Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

9位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.06Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

10位:U-mobile
実効速度:0.04Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

11位:OCNモバイルONE
実効速度:0.04Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

2016年5月スピードテストの総評

迂闊にも、Y!mobileのみ計測し忘れるというミスを犯しました。
今月のどこかのタイミングで平日の12時~13時に時間が確保できれば、Y!mobileも計測したいと思います。

今回の結果も大荒れ。

約半数のMVNOで100Kbpsを切る結果となりました。
格安SIM・格安スマホの流行の影響を受けてか、どのMVNOでも回線の混雑っぷりが…。

1Mbpsを超えたMVNOは3社のみ。

抜群の安定感を持つUQモバイル。
そこそこ安定のDTI SIM。
混雑の影響を受けづらいWonderlink。

もうUQモバイルは、本当に安定して10Mbpsを超えてきます。
DTI SIMもdocomo系MVNOの中では、一番速度が安定していると思います。

通信速度比較ランキング 2016年4月版

4月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO12社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・楽天モバイル
・DTI SIM
・Y!mobile

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

NifMoは、MNPでY!モバイルに移行の為、
今月で速度測定終了となります。

2016年4月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:4月20日(水)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:17.07Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:Y!mobile
実効速度:14.82Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

3位:DTI SIM
実効速度:7.19Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

4位:mineo
実効速度:5.03Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

5位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:4.36Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

6位:U-mobile
実効速度:0.86Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

7位:DMMモバイル
実効速度:0.83Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

8位:BIC SIM
実効速度:0.23Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

9位:IIJmio
実効速度:0.20Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

10位:OCNモバイルONE
実効速度:0.12Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

11位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.11Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

12位:楽天モバイル
実効速度:0.06Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

2016年4月スピードテストの総評

今回も、お昼の混雑時間帯に計測しました。

多くのMVNOが1Mbpsを切るという、大荒れの結果となりました。
そんな状況下でも、UQモバイルとY!mobileは安定した速さを発揮してくれています。

一番、気になったのが、楽天モバイルの速度の低下。
中々の輻輳っぷりの様相で、近いうち、楽天モバイル側で帯域増強等、何らかの対応が入りそうですね。

あと、mineoのAプランが徐々に元気さを取り戻しつつあるのかな?という印象を受けます。(当方、dプランは未契約)

別件になりますが、この格安SIMランキングを始めた当初に、IIJmioとBIC SIMで速度は違うのか?という興味本位で契約したBIC SIM。
ここまで速度比較をしてきて、IIJmioと特段大きな変化が見受けられなかったので、近々、解約したいと思います。

新たに、何らかの格安SIMを追加した方が面白そうなので…。笑

通信速度比較ランキング 2016年3月版

3月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル
・DTI SIM

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

NifMoは、MNPでY!モバイルに移行の為、
今月で速度測定終了となります。

2016年3月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:3月17日(木)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:Y!mobile
実効速度:19.75Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

2位:DTI SIM
実効速度:13.30Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

3位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:11.21Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

4位:UQモバイル
実効速度:7.08Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

5位:楽天モバイル
実効速度:6.41Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

6位:mineo
実効速度:5.55Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

7位:BIC SIM
実効速度:0.75Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

8位:IIJmio
実効速度:0.69Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

9位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.67Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

10位:DMMモバイル
実効速度:0.66Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

11位:U-mobile
実効速度:0.44Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

12位:OCNモバイルONE
実効速度:0.27Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

2016年3月スピードテストの総評

今回は、前月と同時間帯である、お昼の混雑時間帯での測定をしましたが、各MVNOともに、前月結果よりも速度がかなり低下傾向にありました。

それでも、Y!mobileは圧巻のスピード、そしてDTI SIMも安定です。
今まで、速度ではダントツの安定感を見せていたUQモバイルが、測定以来初めての10Mbpsを下回る結果となりました。

今後、復調するのかどうかも、気になる所です。
とは言え、実用面で考えると、5Mbpsも出ていれば十分かと思っています。

格安SIMは、キャリアと比較して、速度が遅いとは言え、混雑時間帯以外であれば、快適に使用できますし、結局、どのMVNOを選んでも好調期・不調期があるような気がしてきましたね…。

やはり見えてくるのは、混雑時間帯も10Mbps以上の速度を求めるのであれば、Y!mobileやキャリア契約をした方が良さそう。という事ですね。

通信速度比較ランキング 2016年2月版

2月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル
・DTI SIM

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

NifMoは、MNPでY!モバイルに移行の為、
今月で速度測定終了となります。

2016年2月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:2月20日(土)12~13時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:Y!mobile
実効速度:31.39Mbps
契約プラン:スマホプランS
公式サイト:http://www.ymobile.jp/

2位:UQモバイル
実効速度:23.73Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

3位:DTI SIM
実効速度:20.69Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

4位:IIJmio
実効速度:6.95Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

5位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:6.59Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

6位:DMMモバイル
実効速度:5.41Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

7位:BIC SIM
実効速度:5.03Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

8位:楽天モバイル
実効速度:2.80Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

9位:mineo
実効速度:0.94Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

10位:OCNモバイルONE
実効速度:0.87Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

11位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:0.83Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

12位:U-mobile
実効速度:0.16Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2016年2月スピードテストの総評

今回の最大のトピックスと言えば、
以前の記事でご紹介したコチラ。
家電批評絶賛のY!モバイルSIMを契約

絶賛の理由が分かったような…。
正直、Softbank系列というとそんなに良い印象がないのですが、意外や意外。
MVNOが軒並み調子の悪い混雑時間帯にも関わらず、かなりの速度を叩き出してくれました。

通話がある程度多く、速度を重視される方には、もってこいかもしれません。
格安SIMより若干お値段高いですが…。

あとは、安定のUQモバイル、DTI SIM。
DTI SIMもあと数ヶ月様子を見てみたい所です。

今月は、mineo・DMMモバイルが不調気味ですね。
mineoは最近、速度が低迷していますが、どうなんでしょう。(Aプラン)

その他については、もう毎月おなじみの結果ですね…。
TONEの速度測定の結果に関しては、別記事でご紹介していきたいと思います。
(高速チャージしても、最大14Mbpsのようなので。)

通信速度比較ランキング 2016年1月版

1月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル
・DTI SIM

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

NifMoは、MNPでY!モバイルに移行の為、
今月で速度測定終了となります。

2016年1月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:1月19日(火)17~18時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:DMMモバイル
実効速度:28.55Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

2位:UQモバイル
実効速度:28.42Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

3位:DTI SIM
実効速度:27.07Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

4位:mineo
実効速度:23.55Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

5位:IIJmio
実効速度:20.46Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

6位:BIC SIM
実効速度:20.43Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

7位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:13.73Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

8位:楽天モバイル
実効速度:8.69Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

9位:NifMo
実効速度:8.13Mbps
契約プラン:3GB 音声通話SIMプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

10位:OCNモバイルONE
実効速度:3.72Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

11位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:810.29Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

12位:U-mobile
実効速度:179.51Kbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2016年1月スピードテストの総評

UQモバイルは、もう恐ろしいぐらい、毎月安定して高速。
最近は、DMMモバイルも上位常連になり始めました。
上位2社は僅差でDMMモバイル1位となりました。

あと、前回から、速度測定に追加したDTI SIMが引き続き好調です。
以前の記事でご紹介した、半年間無料キャンペーン中で契約者が増えていると思われる中、速度が落ちておらず優秀。

2/29まで 最大6ヶ月無料キャンペーン

今後もしばらく、安定した帯域確保して頂けると、嬉しいです!

あと、mineo復権の兆しでしょうか。今後の動向に注目!

先月と同じことを書いている気がしますが、
当方のメイン携帯であるU-mobileさん。
毎月、通信設備増強されるのは嬉しいのですが、
結果がついてきておりません。
頼みます。

最後に、一点ご連絡です。
諸事情で、NifMoをMNPでY!モバイルに、移行します。

それに伴い、NifMoでの速度測定を終了し、
来月より、Y!モバイルでの速度測定を追加します。

通信速度比較ランキング 2015年12月版

12月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル
・DTI SIM

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

2015年12月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:12月22日(火)17~18時頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:DTI SIM
実効速度:28.41Mbps
契約プラン:データプラン1GB
公式サイト:http://promotion.dream.jp/v/sim/

2位:DMMモバイル
実効速度:25.53Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

3位:UQモバイル
実効速度:25.01Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

4位:IIJmio
実効速度:17.39Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

5位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:13.31Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

6位:NifMo
実効速度:12.15Mbps
契約プラン:3GB 音声通話SIMプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

7位:楽天モバイル
実効速度:11.40Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

8位:BIC SIM
実効速度:10.94Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

9位:mineo
実効速度:1.28Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

10位:OCNモバイルONE
実効速度:1.03Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

11位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:825.58Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

12位:U-mobile
実効速度:293.97Kbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2015年12月スピードテストの総評

今回も、夜の混雑時間である17時から通信速度の測定を行いました。

まず、当方メイン携帯で使用しているU-mobile。
頼みます。

動画視聴しないので、そこまで不満はありませんが、
こうして数値化すると、ボロクソな結果ですね。
不満があまり無い点に関しては、
そもそも速度に対する慣れもあるのかもしれません…。笑

あとは、今回から、
速度測定に追加したDTI SIM。
まだまだ帯域に余裕があるのか、
かなり快調な通信速度。

まだまだ安心は出来ません。
今後、加入者が増えた時の対応がどうなるかに注目です。
古参ISPの実力を発揮して欲しいですね!

DMMモバイルも、全プラン最安値or最安値級のMVNOとして有名ですが、その割に最近速度が結構安定して速いです。
最近のイチオシ格安SIMの一つです。

今回3位と言う結果になりましたが、
UQモバイルは、25Mbpsと安定の速さ!
通信速度と安定性・快適さなら、ダントツかもしれません。
AUのグループ企業ならではの強みなんでしょうか。
安定のお勧めMVNOであることに間違いありません。

あとは、IIJmio・楽天モバイル・NifMoも調子が上がってきた模様。
今後にも期待!

mineo、11月から、
引き続き調子悪いですね。

BIGLOBEさんの帯域増強は、はてさて…。

通信速度比較ランキング 2015年11月版

11月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

2015年11月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:11月05日(木)17~18時前後
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:18.14Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:DMMモバイル
実効速度:16.03Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

3位:IIJmio
実効速度:12.69Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

4位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:10.60Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

5位:BIC SIM
実効速度:9.31Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

6位:mineo
実効速度:4.07Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

7位:OCNモバイルONE
実効速度:1.92Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

8位:楽天モバイル
実効速度:1.09Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

9位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:825.03Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

10位:NifMo
実効速度:811.06Kbps
契約プラン:3GB 音声通話SIMプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

11位:U-mobile
実効速度:737.54Kbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2015年11月スピードテストの総評

今回は、夜の混雑時間が始まる17時頃からスピードテストを行いました。

mineoとUQモバイルを契約したのが9月頃ですが、
それ以来、初めての夜の時間帯の測定になります。

昼の混雑時間帯では、mineo・UQモバイルともに、速度差はほとんどなく、どちらも他MVNOと比較すると、驚異的な実効速度を叩き出していましたが、
夜の混雑時間帯においては、UQモバイルに軍配が上がりました。
また、夜の時間帯の速度比較を行いながら、両社の比較に注目していきたいと思います。

トップは、相変わらず、UQモバイル、
2位は、DMMモバイル。
最安値推しのくせに、意外と速度も速いという、なんとも末恐ろしいMVNOです。笑

そして、3位には、IIJmioがランクイン。
IIJmio、一時期速度が遅すぎると話題でしたが、
公式発表で設備増強のアナウンスが度々あったように、着実に速度が改善されてきています。

mineoが意外にも遅いなぁという印象を受けますが、
実用面においては、4Mbps出ていれば、ブラウジングやSNS利用、LINE通話等であれば、十分と言える速度です。

あと、NifMoも最近調子悪いですね。
前回の昼の混雑時間も、今回の夜の混雑時間も奮わない結果となりました。

最後に、一つ言わせて頂きたい、
当方メイン携帯の契約であるU-mobileさんよ。

頑張ってください、どうかお願いします。
以上。笑

通信速度比較ランキング 2015年10月版

10月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

2015年10月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:10月05日(月)13~14時前後
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:35.38Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:mineo
実効速度:30.19Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

3位:DMMモバイル
実効速度:25.57Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

4位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:8.69Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

5位:U-mobile
実効速度:7.61Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

6位:IIJmio
実効速度:7.41Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

7位:楽天モバイル
実効速度:6.68Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

8位:BIC SIM
実効速度:6.05Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

9位:OCNモバイルONE
実効速度:1.71Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

10位:NifMo
実効速度:1.04Mbps
契約プラン:3GB 音声通話SIMプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

11位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:810.09Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

2015年10月スピードテストの総評

今回は、朝の混雑時間帯に測定しました。

これは想定外だったのですが、
前回のランキングから大きな変動はなく、
少しつまらないランキングとなってしまいました。

簡単に総括すると、
OCNモバイルONEとBIGLOBEが微かに改善、Nifmoが減速。

上位3位は、UQモバイル・mineo・DMMモバイルの3社が前回から引き続き入賞。
AU系MVNO強いですねー。
混雑時間帯でも安定した速度を出してくれるMVNOの格安SIM・格安スマホは、
やはりストレスなく使えると思います。

NifMoが朝の時間帯が弱いのか、全然速度が出ませんでした。
NifMoは、そこかしこで速度が安定して早いという口コミが多かったので、
ここにきて利用者数と帯域のバランスが崩れたのかもしれません。

しかし、プロバイダー大手Niftyさん運営ですので、
しばらくすれば、改善されるのではないかと勝手に期待しています。

通信速度比較ランキング 2015年9月版

9月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO11社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・IIJmio
・mineo
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・UQモバイル
・NifMo
・楽天モバイル

・Wireless Gate(同席した友人に借りたものなので、今回のみ!)

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):Aterm MR04LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMo・U-mobileのみ、ナノSIM契約なので、
MR04LNではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

2015年9月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:9月11日(水)13~14時前後
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:UQモバイル
実効速度:30.39Mbps
契約プラン:データ高速プラン
公式サイト:http://www.uqmobile.jp/

2位:DMMモバイル
実効速度:24.59Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

3位:mineo
実効速度:20.73Mbps
契約プラン:AU回線 データ1GBプラン(Aプラン)
公式サイト:http://mineo.jp/

4位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:15.60Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

5位:U-mobile
実効速度:14.63Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

6位:NifMo
実効速度:11.93Mbps
契約プラン:3GB 音声通話SIMプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

7位:楽天モバイル
実効速度:8.09Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

8位:IIJmio
実効速度:1.24Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:https://www.iijmio.jp/

9位:BIC SIM
実効速度:1.00Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

10位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:392.83Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

11位:OCNモバイルONE
実効速度:196.17Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

12位:Wireless Gate
実効速度:161.02Kbps
契約プラン:音声+3GBデータプラン
公式サイト:http://www.wirelessgate.co.jp/

2015年9月スピードテストの総評

今回は、昼の混雑時間帯である、12時台に測定をする予定だったのですが、
諸事情あって、少し遅くなってしまいました。

そして、今回の速度ランキングでは、
新たに契約した、下記3MVNOを追加しています。

・IIJmio
・mineo
・UQモバイル

AU系MVNOの追加とともに、
ルーターも、SIMフリーのMR04LNを追加。

大波乱のランキング結果となりました。

まず、格安SIMアワードで速度部門 最優秀賞ということで、
期待していた、UQモバイル。
期待を裏切らない結果を出してくれました。
また、同じAU系MVNOであるmineoも上位入賞。

AU系MVNOに光が差す時が来たかもしれません。笑

あとは、DMMモバイル・Umobile・楽天モバイルが大健闘!

逆に、1位2位独占組だった、
NifMo・Wonderlinkがここに来て、少しスピードダウン。
とはいえ、十分な速度を叩きだしてくれています。

今回の速度ランキングで言うと、
7位以上を選定しておけば、あまり不満は出ないはずです。
どの時間帯でも、絶対的に安定した速度を求めるというなら、
おとなしくキャリアで契約しましょう。笑

個人的に注目していた、
IIJmioとBIC SIMの速度の違いは、
ほとんどありませんでしたね。

BIGLOBEさん・OCNさん、
速度改善する気はないのでしょうか…。
最近のU-mobileの設備増強とそれに伴う実効速度の向上を見習って頂きたい。笑

最後に、たまたま同席していた友人に借りた、
WirelessGateのSIMカード。

友人曰く、「遅すぎて、ストレスが尋常じゃない。」
とのことでしたが、実効速度を見て、なるほど。と。
「72時間制限掛かってるか、高速通信容量使いきったんじゃないの?」
と聞いたところ、
「今月に入って、全く使ってないから、それはない。」
とのことでしたので、かなり遅いようです。
当然ながら、250Kbps使い放題プランではなく、LTEプランです。
そんな彼は、今月で解約するようです。笑

通信速度比較ランキング 2015年8月版

8月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO8社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・NifMo
・楽天モバイル

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):docomo L-01G
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

NifMoのみ、ナノSIM契約なので、
L-01Gではなく、iPhone6 Plusとの
テザリング接続で速度測定を行います。

2015年8月実効速度比較ランキング

今回の測定日時:8月5日(水)8時前後
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:NifMo
実効速度:29.30Mbps
契約プラン:3GBプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

2位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:24.89Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

3位:楽天モバイル
実効速度:3.29Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

4位:U-mobile SIM
実効速度:1.33Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

5位:DMMモバイル
実効速度:1.07Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

6位:OCNモバイルONE
実効速度:944.8Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

7位:BIC SIM
実効速度:932.2Kbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

8位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:524.05Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

2015年8月スピードテストの総評

今回は、朝の混雑時間帯である8時台に速度測定を行いました。
やはりこういった時間に見ると、
混雑時の通信速度が見れて面白いですね。

今回の速度測定の要約を簡単に。

毎月安定のNifMo・Wonderlink LTE。
もう常に上位独占状態ですね。
あと、楽天モバイルも、
前回4位から1位上昇しており、健闘しています。

7月の速度測定時のコメントにも書きましたが、
U-mobileが設備増強した、その後のテストは今回初となります。
着実に結果は出ている模様。
「U-mobileは安定して遅い。」という私のイメージを払拭してくれそうな予感。
今後のさらなる速度改善に期待ですね。

そして、最近、IIJmioが遅いと話題ですが、
その煽りをもろに受けた形で、BIC SIMが大幅に順位下落。

OCN・DMM等は、毎月通りの感じですね。

1点気になったのがBIGLOBEの通信速度。
毎回違う測定結果が出るのが、正常なのですが、
BIGLOBEに関しては、今回5回以上試して、
綺麗に500Kbps台しか出ませんでした。

混雑時間帯の通信制限がされてそうな気がします。
当方、BIGLOBE SIMは、毎月の速度測定以外、
一切使用していないので、
72時間制限やら1ヶ月制限やらに、
掛かっているということはあり得ません。

また、BNRの速度測定は、
測定中にメーターが進むのですが、
メーターの進む速さが、恐ろしいほど一定。
何かありそうな気がしてなりません。

通信速度比較ランキング 2015年7月版

7月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO8社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・NifMo
・楽天モバイル

NifMoのみ、ナノSIM契約なので、
iPhone6 PLUSとのテザリング接続で速度測定を行います。

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):docomo L-01G
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2015年7月実効速度比較ランキング

今回も、6月と同様、全てのSIMでLTE接続のスピード結果です。

今回の測定日時:7月8日(水)18時前後
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:NifMo
実効速度:26.32Mbps
契約プラン:3GBプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

2位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:18.46Mbps
契約プラン:F-1G 512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

3位:BIC SIM
実効速度:2.71Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

4位:楽天モバイル
実効速度:2.32Mbps
契約プラン:3.1GBプラン
公式サイト:http://mobile.rakuten.co.jp/

5位:DMMモバイル
実効速度:1.30Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

6位:OCNモバイルONE
実効速度:1.08Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

7位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:443.89Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

8位:U-mobile SIM
実効速度:103.36Kbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2015年7月スピードテストの総評

過去のスピードテストは、
朝の時間帯が多かったですが、
今回は、珍しく、夕方の混雑時間に速度比較が出来ました。

際立ったのは、
混雑時間帯における、NifMoの速さ。
そして、毎月安定上位のPanasonic Wonderlink。

これらが上位2位を占めています。

5月の速度比較では、
今回よりももう少し遅い時間(19時~20時頃)の測定でしたが、
下位3位は、今回と同じ3社。
・U-mobile
・BIGLOBE LTE
・OCNモバイルONE

ただ、U-mobileは、7月上旬、
通信設備の増強を行っており、
今後も回線の混雑状況に応じて、
設備増強を行うと発表していますので、
今後に期待ですね。

通信速度比較ランキング 2015年6月版

6月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO7社)

・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE
・DMMモバイル
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE
・U-mobile
・NifMo

NifMoのみ、ナノSIM契約なので、
iPhone6 PLUSとのテザリング接続で速度測定を行います。

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):docomo L-01G
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2015年6月実効速度比較ランキング

今回も、5月と同様、全てのSIMでLTE接続のスピード結果です。

以前の記事で書きました通り、
Aterm MR03LNがSIMアダプターにより、破損した為、
今回の速度比較検証より、docomo L-01Gの白ロムにて、行っております。

今回の測定日時:6月23日(火)7時前後
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:31.01Mbps
契約プラン:F-1G512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

2位:U-mobile SIM
実効速度:30.82Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

3位:DMMモバイル
実効速度:28.05Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

4位:BIGLOBE LTE SIM
実効速度:27.03Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

5位:BIC SIM
実効速度:25.78Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

6位:NifMo
実効速度:23.16Mbps
契約プラン:3GBプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

7位:OCNモバイルONE
実効速度:14.47Mbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

番外編:mobile4G+ 305ZT
実効速度:21.39Mbps

2015年6月スピードテストの総評

今回は、朝の時間帯ということもあってなのか、
各社が回線帯域を増強したのか、
全体的に、かなり早い速度を叩き出しました。

当記事下部の方で掲載している、
4月の速度測定が、午前8時前後なので、
今回の時間帯に近いのですが、
・DMMモバイル
・U-mobile
・BIC SIM
の3社が大幅に速度改善されています。

一番驚いたのが、U-mobileの劇的な速度改善。

過去の速度比較では、
最下位常連だったU-mobile。
今回は、2位です。

1位は、毎月安定のPanasonic Wonderlink。

OCNモバイルONEを除き、全MVNOで20Mbps超となりました。

非常によいことなのですが、
各社の速度差が全然でず、
つまらない結果となったので、
また近いうち、自宅でも計測してみたいと思います。

通信速度比較ランキング 2015年5月版

5月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO7社)

【データ通信SIM】
・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE SIM
・DMMモバイル SIM
・OCNモバイルONE
・Panasonic Wonderlink LTE SIM

【音声通話SIM】
・U-mobile 通話プラスSIM
・NifMo

音声通話SIMもモバイルルーターに挿して使用できますので、
Aterm MR03LNに挿して、同条件で測定しています。

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):NECアクセステクニカ Aterm MR03LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2015年5月実効速度比較ランキング

今回も、4月と同様、全てのSIMでLTE接続のスピード結果となっています。
以前は、スピードテストを行っているデニーズで、3G接続だったり、LTE接続だったりしたのですが、最近はもっぱらLTE接続になりました。

そして、再契約したOCNモバイルONEと、iPhone用に新規契約したNifMoを今月分より追加しています。

今回の測定日時:5月11日(日)19時30分~20時30分頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
実効速度:32.88Mbps
契約プラン:F-1G512プラン
公式サイト:https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/

2位:NifMo
実効速度:28.37Mbps
契約プラン:3GBプラン
公式サイト:http://nifmo.nifty.com/

3位:DMMモバイル SIM
実効速度:10.22Mbps
契約プラン:データSIM1GBプラン
公式サイト:http://mvno.dmm.com/

4位:BIC SIM
実効速度:2.40Mbps
契約プラン:ミニマムスタートプラン
公式サイト:http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

5位:OCNモバイルONE
実効速度:797.79Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

6位:BIGLOBE SIM
実効速度:548.48Kbps
契約プラン:エントリープラン
公式サイト:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/lte/data/

7位:U-mobile SIM
実効速度:319.14Kbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン
公式サイト:http://umobile.jp/

2015年5月スピードテストの総評

今回、初検証のNifMoも夜の時間帯にも関わらず、28Mbpsと大健闘。

ここまで、3ヶ月連続で検証していますが、見えてきたことは、BIGLOBEは夜の時間に弱い印象です。

BIC SIMの速度は時間問わず、2~4Mbps程度と、ある意味安定。

WonderlinkとDMMmobileは、安定して他社を圧倒する速さですね。
失礼な話しですが、Wonderlinkは、認知度的にも、あまり人気なさそうなので、帯域に余裕があるのか。
それとも、意図して帯域をしっかりと確保しているのか分かりませんが、良い意味で非常に安定しています。
ただ、音声SIMが無いのが残念。

ここまで見てきて、
実効速度の安定感・高速通信可能容量・料金を鑑みると、
コストパフォーマンスが良いのは、NifMo・DMM・Wonderlinkあたりになりそうです。

毎度になりますが、、
私のメイン携帯で使用しているU-mobileさん。
もう少し頑張って頂けないだろうか・・・。
しかし、スマホで使っているので、不満は全く無いのですが、モバイルルーター用にU-mobile契約してたら、仕事の効率が悪くなりそう。

やはり、こうして、実効速度を定点観測すると、非常に面白いですね。
今後も続けていきたいと思います。

通信速度比較ランキング 2015年4月版

4月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO5社)

【データ通信SIM】
・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE SIM
・DMMモバイル SIM
・Panasonic Wonderlink LTE SIM

【音声通話SIM】
・U-mobile 通話プラスSIM

【番外編 mobile4G+】
・ポケットWifi 305ZT

音声通話SIMもモバイルルーターに挿して使用できますので、
Aterm MR03LNに挿して、同条件で測定しています。

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):NECアクセステクニカ Aterm MR03LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2015年4月実効速度比較ランキング

まず、今回、全てのSIMでLTE接続となりました。
デニーズの私のいつもの特等席が空いてなかったので、3つとなりの席に着席した訳ですが、
席の位置による影響なのか、アンテナの新設等の影響なのかは不明です。

全て、LTE接続接続でのスピードテスト結果なのですが、BIGLOBE SIMとPanasonic SIMがとんでもない速度をたたき出しました。
非常に興味深い。

今回の測定日時:4月4日(土)午前7時30分~8時30分頃
接続回線:全SIMともに、LTE接続

1位:BIGLOBE SIM
 実効速度:35.21Mbps
契約プラン:エントリープラン

2位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
 実効速度:22.77Mbps
 契約プラン:F-1G512プラン

3位:DMMモバイル SIM
 実効速度:6.37Mbps
 契約プラン:データSIM1GBプラン

4位:BIC SIM
 実効速度:4.27Mbps
 契約プラン:ミニマムスタートプラン

5位:U-mobile SIM
 実効速度:3.40Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン

番外編:mobile4G+ 305ZT
実効速度:22.60Mbps

2015年4月スピードテストの総評

こちら、前回の結果から、大幅にランキング変動がありました。
LTE接続でも、スピードの出るMVNO・出ないMVNOがくっきりと分かれた形になっています。

いま、私の携帯電話は、
docomoからの乗換えでUmobileを使っているのですが、LTEでもスピードがあまり出なかったというのがショックでならない。

ルーターに挿してPCで使う訳ではなく、あくまでスマホでの使用のみなので、あんまり不満はないですが。
しかし、他社MVNOでこんだけ、スピード出てるんだから、もっと頑張ってください。ユーモバイルさん。

前回のスピードテスト結果から、大幅なランキング変動がありましたので、定期的に観察していくと面白い結果が見えそうです。
また、速度比較ランキング更新していきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

余談ですが、デニーズモーニングの「フルグラ&サラダモーニング」の生ハムサラダが中々良い。
最近のお気に入りです。
また、デニーズは、ドリンクバーを導入していない店舗が多く、ガストやジョナサンなどと違って、お客さんがウロチョロしないのも集中できて良い。
ノマドワーカーさん方には、意外と穴場でしょう。

通信速度比較ランキング 2015年3月版

3月の速度比較 MVNO/格安SIM一覧

今回検証した格安SIMは以下の通りです。
(現在、契約中のMVNO5社)

【データ通信SIM】
・BIC SIM(IIJmio)
・BIGLOBE LTE SIM
・DMMモバイル SIM
・Panasonic Wonderlink LTE SIM

【音声通話SIM】
・U-mobile 通話プラスSIM

【番外編 mobile4G+】
・ポケットWifi 305ZT

音声通話SIMもモバイルルーターに挿して使用できますので、
Aterm MR03LNに挿して、同条件で測定しています。

通信速度測定条件

計測場所:神奈川県横浜市内 デニーズ某店舗(毎回、同一の店舗)
使用機器(ルーター):NECアクセステクニカ Aterm MR03LN
使用機器(ノートPC):Let’s Note CF-SX1

2015年3月実効速度比較ランキング

ということで、今月の通信速度ランキングです。

※パナソニックSIMは、既に制限がかかっているので、
これだけ、3月8日の測定値になっています。

1位:DMMモバイル SIM
 実効速度:2.27Mbps
契約プラン:データSIM 1GBプラン

2位:Panasonic Wonderlink LTE SIM
 実効速度:1.14Mbps
 契約プラン:F-1G512プラン

3位:BIC SIM
 実効速度:1.12Mbps
 契約プラン:ミニマムスタートプラン

4位:U-mobile SIM
 実効速度:1.02Mbps
契約プラン:U-mobile通話プラス3GBプラン

5位:BIGLOBE SIM
 実効速度:529.13Kbps
 契約プラン:エントリープラン

番外編:mobile4G+ 305ZT
実効速度:40.95Mbps

今回の測定日時:3月23日(月)18時台
接続回線:全SIMともに、3G接続

繁華街ではないデニーズということもあってか、
LTE接続になったことほとんどないですね・・・。
過去のレビュー記事で掲載している速度も、
ほぼすべて3G接続での結果です。

2015年3月スピードテストの総評

DMMモバイル SIMの検証記事の際に、
行ったスピードテストの実測値と比較すると、
全SIMともに、実効速度が遅めの結果となりました。

前回の記事では、測定時間が6時台。
今回の計測では、測定時間が18時台。
時間帯によって、スピードは結構ブレそうです。

今後も、継続して、
スピードテストを行いながら、
各MVNOの格安SIMを比較してみたいと思います。

あと、mobile4G+のPocket Wifi 305ZTですが、
安定した早さですね。

タブレット端末用に格安SIMを購入しようと思っている方などで、
別途モバイルルーターを持ち歩くのが、苦でなければ、
早さという点では圧倒的。

月額費用2,000円台で、
2年間は、容量追加が無料というのも、
有り難いです。