UQモバイルのキャッシュバック比較│公式経由がお得?それとも代理店経由?

uqmobile_cashback_201805

UQモバイルで大人気となっているキャッシュバックキャンペーンの解説になります。
キャッシュバック特設ページからのみ特典が付与されるので、公式サイトから直接の申し込みや代理店経由での申し込みの場合、このキャッシュバック特典が付きませんのでご注意ください。

詳しく解説していきます!

目次

UQモバイル13,000円キャッシュバックキャンペーン

まず、下記ページをご覧ください。

UQモバイル13,000円キャッシュバックページ

ページ上部に「このページからUQ mobileを契約した方限定」という記載と、
「最大13,000円キャッシュバック」の旨、記載があると思います。

かならず、申し込み前に、この記載があることをご確認ください。
この特設ページ以外からの申し込みはキャッシュバック対象外ですので、ご注意ください。

また、このキャッシュバックキャンペーンですが、時期により金額が若干上下します。
13,000円は過去最高のキャッシュバック金額ですので、このタイミングでの申し込みがお得と言えます。

また、去年までは、キャッシュバックが商品券(JCBギフト券)でしたので、現金キャッシュバックとなった現在、よりユーザーには嬉しいですね。

キャンペーン詳細とキャッシュバック金額

このキャッシュバックキャンペーンですが、対象となる条件があります。

すごく簡単にまとめると、音声通話SIMの申し込みが全て対象で、4ヶ月後のキャッシュバック受け取りまでに、解約やプラン変更や料金の未払い・端末の返品等がなければ大丈夫です!

対象 音声通話SIMプランの申し込みが対象で、
SIMのみの契約・端末セット、
どちらもキャッシュバック対象。キャッシュバック専用ページからの申し込みのみ対象
キャッシュバック専用ページ
対象外 ・データSIMの申し込みは、SIMのみ・端末セットともに対象外。
・キャッシュバック特典ページ以外からの申し込み
・キャッシュバック連絡時(契約後4ヶ月目)までの解約・
プラン変更・月額料金の未払い・端末の返品
・登録時のメールアドレス無効などキャッシュバックに関する
連絡が取れない場合
キャッシュバック方法 ご契約月を1ヶ月目として4ヶ月目にお申込み時に入力した
Eメールアドレスにキャッシュバック情報の入力URLが
記載されたメールが届きます。そのページで振込先の口座情報を入力します。
入力情報に不備があると、キャッシュバックを受け取れません。口座情報ご入力後、原則翌営業日までに指定口座に、
キャッシュバック金額が振り込まれます。ご利用の金融機関によっては、
入金までに数日掛かる場合もあるようです。
キャッシュバック金額 「おしゃべりプランL」「ぴったりプランL」:13,000円
「おしゃべりプランM」「ぴったりプランM」:11,000円
「おしゃべりプランS」「ぴったりプランS」:10,000円
データ高速+音声プラン:5,000円

代理店経由のキャッシュバック詳細

UQモバイル代理店経由の申し込みの場合もキャッシュバック金額は同等です。

代理店経由の場合、キャッシュバックを受け取れる月が公式キャンペーンよりも遅く、実際は金額も同額の為、メリットがありません。

UQモバイル代理店には、Link LifeとBIGLOBEの2社がありますので、それぞれのキャッシュバックを詳しく解説していきます。

Link Life 25,000円キャッシュバック

uqmobile-store_jp_campaign_cashback

代理店Link Life 25,000円キャッシュバック

25,000円キャッシュバックを謳っていますが、
実際は、UQモバイル契約で最大13,000円、
UQ Wimax契約で12,000円、
最大で計25,000円キャッシュバックということで、特段メリットはありません。

受け取り月も契約月を1ヶ月目として8ヶ月目での受け取りとなり、公式キャンペーンよりも4ヶ月遅い受け取りです。

また、Wimaxを契約するのであれば、当サイトの別記事「Wimax 最安値」でも検証していますが、GMOとくとくBBが断然安いです。

25,000円キャッシュバックに釣られて、UQ Wimaxを契約するよりも、UQモバイル+GMOとくとくBBのWimaxという方が2年総額で考えても、圧倒的に安いです。

BIGLOBE UQ mobile 13,000円キャッシュバック

biglobe_ne_jp_uqmobile

代理店BIGLOBE 13,000円キャッシュバック

KDDIがBIGLOBEを買収したこともあり、BIGLOBEブランドもAUのサブブランドであるUQモバイルの代理店として販売を開始しています。

ただし、こちらも13,000円キャッシュバックと、UQモバイル公式サイトと同額となっており、特段メリットはありません。

キャッシュバックの受け取りですが、データ高速+音声SIMプランでは6ヶ月後とUQモバイル公式よりも改悪されています。

比較結果 どこ経由のキャッシュバックがお得なの?

結論としては、キャッシュバック金額はUQモバイル公式経由でも代理店経由でもほぼ同額。

そこで、何が違うのかを今一度、表にして比較していきたいと思います。

【プラン別】キャッシュバック金額比較!若干違う!

キャッシュバック金額が若干異なります。
UQモバイルでは、下記プラン意外にも「データ無制限プラン」という500Kbpsの低速使い放題プランもありますが、「データ無制限プラン」はキャッシュバック対象外となっています。

経路 プランS プランM プランL 高速データ+
音声通話プラン
UQモバイル公式 端末セット 10,000円 11,000円 13,000円 5,000円
SIMのみ
BIGLOBE
UQモバイル
端末セット 10,000円 11,000円 13,000円 5,000円
SIMのみ
LinkLife 端末セット 11,000円 12,000円 13,000円 対象外
SIMのみ 対象外 対象外 対象外 対象外

プランS・プランMの契約においては、LinkLifeのキャッシュバック額が1,000円高いのでお得感があります。
ただ、キャッシュバック対象端末の少なさ・iPhoneがキャッシュバック対象外・キャッシュバックまでに要する期間の長さ・キャッシュバック対象プランの少なさなど、デメリットもありますので、その点を含めて検討していただくと良いでしょう。

【代理店デメリット】振込まれるまでが4ヶ月も遅い

キャッシュバックを受け取れるまでの時間に差があります。

経路 振込までに掛かる期間
UQモバイル公式 約3ヶ月後
BIGLOBE
UQモバイル
約4ヶ月~6ヶ月後
LinkLife 約7ヶ月後

UQモバイル公式が圧倒的に速い契約から3ヶ月後の受け取り、代理店経由の場合最大7ヶ月後となるため、代理店経由での申し込みにメリットがあるとは思えません。

キャッシュバック受け取りまでに何らかの理由で解約等となった場合には、キャッシュバックされませんので、キャッシュバックまでの期間が短い方が有利です。

【代理店デメリット】キャッシュバック対象端末が少ない

キャッシュバック対象端末の数も、UQモバイル公式キャッシュバックと代理店キャッシュバックで条件が異なります。

経路 キャッシュバック対象端末数
UQモバイル公式 12端末
BIGLOBE
UQモバイル
10端末
LinkLife 9端末

このように、UQモバイル公式キャッシュバックが一番、キャッシュバック対象端末が豊富です。
Androidの格安スマホを検討している場合でも、選択肢が多いです。
iPhone SE/iPhone 6を検討している方は、要注意です。次の項目で詳細を解説していきます。

【代理店デメリット】iPhoneがキャッシュバック対象外

Apple iPhoneシリーズの購入を予定している方は、注意が必要です。
まず、LinkLifeではAndroid端末のみのラインナップとなっており、iPhoneシリーズはキャッシュバック対象外となっています。

経路 キャッシュバック対象
UQモバイル公式 iPhoneシリーズも
キャッシュバック対象
BIGLOBE
UQモバイル
iPhoneシリーズも
キャッシュバック対象
LinkLife 対象外

そのため、結論としては、UQモバイル公式のキャッシュバックキャンペーンが一番オススメです。

参考:UQモバイル公式 – キャッシュバックキャンペーン

【代理店デメリット】支払い方法によってもキャッシュバック対象外

UQモバイルではクレジットカードの他に銀行引き落としでの契約も可能なMVNOです。
しかし、代理店経由で申込む場合、支払い方法によっては、キャッシュバック対象外となりますので、注意が必要です。

経路 クレジットカード 口座振替
UQモバイル公式
BIGLOBE
UQモバイル
LinkLife

UQ公式とBIGLOBEの違いは?

ここまで、各種キャッシュバック条件を比較してきて、対象端末が少ない・キャッシュバックまでの期間が遅い等のデメリットはあるものの、BIGLOBE UQモバイルのキャッシュバック条件は、UQモバイル公式キャッシュバックの条件にかなり近いことがおわかり頂けたと思います。

そこで、BIGLOBE UQモバイルを選ぶメリットをまとめてみました。

BIGLOBEモバイルの場合であれば、BIGLOBE光(固定回線)とのセット割が存在するので、BIGLOBEで統一するメリットが若干ながらあるのですが、BIGLOBE UQモバイルとBIGLOBE光のセット割は存在しません。

そのため、BIGLOBE UQモバイルを選択するメリットが1つも見つけられませんでした。

【0円スマホ】実質108円端末って本当にお得なの?2年総額は?

UQモバイルでは、docomo/au/Softbankのような端末購入サポート割引「マンスリー割」という端末割引が人気の秘訣でもあります。

MVNOの中では唯一、UQモバイルのみが導入できている割引で、実質負担額108円で購入できる端末が豊富にあります。
通称:「0円スマホ」「0円端末」「0円機種」

”実質”負担額と聞くと、本当に安いのか疑問ですよね。

そこで、SIMカード単体で申し込んだ場合の2年総額と0円スマホを端末セットで購入した場合の2年総額を比較してみたいと思います。

【2年総額比較】SIMのみ VS iPhone SE 32GBセット

UQモバイルでは、圧倒的におしゃべりプラン・ぴったりプランが人気のようですので、これらのプランS・プランM・プランLの2年総額をSIMのみ契約と端末セット契約で比較していきたいと思います!

iPhone SE 32GBを契約する場合とSIMのみ契約の場合でシミュレーションしていますが、iPhone SE 32GB以外の0円スマホの場合でも、下記と同じシミュレーションとなります。
iPhone SE以外の0円スマホは次の項目でまとめてご紹介しておきます。

UQモバイル公式キャッシュバックを適用した金額でシミュレーションしています。

iPhone SE 32GB プランS プランM プランL
SIMのみ 端末セット SIMのみ 端末セット SIMのみ 端末セット
2年総額 66,432円 66,540円 92,352円 92,460円 144,192円 144,300円
キャッシュバック 10,000円 11,000円 13,000円
キャッシュバック
適用後2年総額
56,324円 56,432円 81,352円 81,460円 131,192円 131,300円

プランSの場合、2年間で約56,000円ですから、1ヶ月あたり2,350円程度。

この金額で端末代金も込み込みですし、おしゃべりプランなら5分かけ放題、ぴったりプランなら60分無料通話込み。

SIMのみ契約との金額差は本当に108円のみですから、圧倒的に端末セットの方がお得ですよね。

UQモバイルの0円スマホ一覧

UQモバイルで108円で購入できる端末、通称「0円スマホ」を一覧にまとめてました。

uqmobile_products

プランSでの0円スマホ:「iPhone SE 32GB」「P10 lite」「AQUOS L2」「DIGNO Phone」
プランM/Lでの0円スマホ:上記に加え、「arrows M04 PREMIUM」「DIGNO A」「AQUOS sense」

端末 総支払額 支払内訳
頭金 分割支払額 マンスリー割
iPhone SE 32GB プランS 108円 108円 1,836円 -1,836円
プランM
プランL
HUAWEI P10 lite プランS 108円 108円 1,404円 -1,404円
プランM
プランL
AQUOS L2 プランS 108円 108円 1,296円 -1,296円
プランM
プランL
DIGNO Phone プランS 108円 108円 864円 -864円
プランM
プランL
arrows M04 PREMIUM プランS 12,960円 108円 1,512円 -972円
プランM 108円 -1,512円
プランL
DIGNO A プランS 7,776円 108円 1,296円 -972円
プランM 108円 -1,296円
プランL
AQUOS sense プランS 12,960円 108円 1,296円 -756円
プランM 108円 -1,296円
プランL

iPhone SE・HUAWEI P10 lite・arrows M04と言った他社でも人気の端末が108円で買えるのはUQモバイルだけです。
今でも、他社MVNOでは、3万円近い金額で販売されていますので、UQモバイルが人気となっている理由が垣間見えたかなと思います。

更に最大13,000円キャッシュバックがつくわけですから、現状、最強MVNOと言えるでしょう。
回線の実効速度もキャリア並ですし、非の打ち所が見つかりません。
強いて言うなら、料金プランが3種類程度と容量設定が少ない点が挙げられますが、明らかにY!mobileを意識した設定となっていますね。笑

最近では、楽天モバイルもUQモバイル・Y!mobileの2社を完全に意識した「スーパーホーダイ」というプランを設定していますし、来年秋には第4のキャリアとなります。

UQモバイル料金プランの4種類と選び方

UQモバイルには4つの料金プランがあり、契約するプランによってもキャッシュバック額が変わりますし、それぞれご自身の使い方にあった料金プランを契約することで、かなり使い勝手がよくなります。

今回は、今一度、UQモバイルの料金プランを再考してみましょう!

1. おしゃべりプラン

おそらくUQモバイルで一番人気の料金プランがこちら。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン料金表

キャッシュバック額もぴったりプランと並んで一番高額なのも魅力。

おしゃべりプランは、5分以内の通話が回数無制限でかけ放題となるプラン。

短時間通話の多い方には使い勝手の良いプランですね。

プラン名 月額料金 容量 通話 キャッシュバック
契約種別 UQ公式 BIGLOBE LinkLife
おしゃべりプランS 1,980円 2GB 5分かけ放題 端末セット 10,000円 11,000円
SIMのみ 10,000円 対象外
おしゃべりプランM 2,980円 6GB 5分かけ放題 端末セット 11,000円 12,000円
SIMのみ 11,000円 対象外
おしゃべりプランL 4,980円 14GB 5分かけ放題 端末セット 13,000円
SIMのみ 13,000円 対象外

2. ぴったりプラン

おしゃべりプランには、5分かけ放題がセットになっていますが、こちらのぴったりプランには無料通話がセットになっています。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン料金表

そこそこ通話はするけど、たまに5分以上の長電話もする!という方には、おしゃべりプランよりも、ぴったりプランがオススメです。

残念ながら、あまった無料通話分の翌月繰り越しには対応していません。

プラン名 月額料金 容量 無料通話 キャッシュバック
契約種別 UQ公式 BIGLOBE LinkLife
ぴったりプランS 1,980円 2GB 60分/月 端末セット 10,000円 11,000円
SIMのみ 10,000円 対象外
ぴったりプランM 2,980円 6GB 120分/月 端末セット 11,000円 12,000円
SIMのみ 11,000円 対象外
ぴったりプランL 4,980円 14GB 180分/月 端末セット 13,000円
SIMのみ 13,000円 対象外

3. データ高速プラン

データ高速プランは、通常のMVNOと同様の料金プランで、月間3GBが使えるというだけのシンプルなプラン。

データ高速プラン

おしゃべりプランのような5分かけ放題やぴったりプランのような無料通話がついていない代わりに月額料金が少し抑えられています。

そのかわり、キャッシュバック額も少ないですし、データ通信専用プランに関してはキャッシュバック対象外となっています。

プラン名 月額料金 容量 通話料 キャッシュバック
契約種別 UQ公式 BIGLOBE LinkLife
データ高速プラン
(データ通信専用)
980円 3GB 20円/30秒 端末セット 対象外
SIMのみ 対象外
データ高速+音声通話プラン 1,680円 3GB 20円/30秒 端末セット 5,000円 対象外
SIMのみ 5,000円 対象外

4. データ無制限プラン

データ無制限プランは、500Kbpsという低速通信に制限されている代わりにデータ通信が使い放題となる料金プラン。

データ無制限プラン

高速通信は求めないけど、ギガ残量を気にせず使い倒したい!という方にオススメのプラン。

500Kbpsなので、Youtube・Netflix・hulu・U-NEXT・amebaTV・DMMといった動画ストリーミングサービスを多用する方にはあまりオススメできません。
日常の使い方として、LINE・Facebook・Twitter・InstagramなどのSNSやインターネットブラウジング程度であれば、使い勝手は良いかもしれません。

ただし、キャッシュバックキャンペーンの対象外となっております。

プラン名 月額料金 容量 通話料 キャッシュバック
契約種別 UQ公式 BIGLOBE LinkLife
データ無制限プラン
(データ通信専用)
1,980円 使い放題
(500Kbps制限)
20円/30秒 端末セット 対象外
SIMのみ
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 使い放題
(500Kbps制限)
20円/30秒 端末セット
SIMのみ

UQモバイルのおすすめ端末と選び方

UQモバイルの端末ラインナップは12端末もあり、どのSIMフリースマホを選んで良いか悩む方も多いかと思います。
そこで、用途に合わせたおすすめ端末をご紹介していきます!

108円│iPhone SE 32GB

UQモバイルの目玉端末といえば、やはりiPhone SE 32GB。
おしゃべりプラン・たっぷりプランの契約なら、108円で購入できます。

108円でiPhone SE 32GBが購入できて、更にキャッシュバックも1万円以上付きますので、お得なことこの上ない!

iPhoneシリーズが欲しい方や子供がiPhoneほしいとうるさいけど、高くて買えない!という方にはオススメ。
他のMVNOでは、108円で買えるなんてあり得ません。

108円│HUAWEI P10 lite

高コスパ端末として、2017年6月の発売以来、人気格安スマホのちいを確立し、HUAWEIブランドを世界に知らしめた一台。

発売から時間が経ったいま、そこまでの高コスパ感はなくなりましたが、それでも日常使いとしては必要十分以上のスペックを有するミドルレンジスマホ。
108円で購入できるなら、間違いなく満足できる一台でしょう。

ただ、iPhone SEが108円となると、iPhoneの方が魅力的に映る方が多いかも。

108円│京セラ DIGNO A

高耐久スマホを選ぶなら、間違いなくDIGNO Aでしょう。
おしゃべりプラン・たっぷりプランのプランM・プランLなら、108円で購入できます。(プランSの場合、7,884円)

防水・防塵・耐衝撃性能を完備した国産格安スマホ。
さらに、京セラ独自開発の衝撃吸収性シリコン層を液晶ディスプレイ表面に蒸着させた「ハイブリッドシールド」テクノロジーを採用。

落下時の画面割れにも強く、雑に扱っても壊れにくいタフなスマホなので、キッズスマホとしても安心の一台です。

DIGNO AはSnapdragon430(MSM8937)というCPUを搭載しており、CPU性能では、P10 lite(Kirin658)と近い性能を誇りますが、ごくわずかに劣ります。

ですので、P10 liteとDIGNO Aを比較した際に、選ぶポイントとしては、若干の高性能なスペックを選択するならP10 lite、防水・防塵・耐衝撃といった実用面でタフなスマホを選ぶなら、DIGNO Aという選び方になると思います。

国産スマホですが、残念ながら、おサイフケータイには対応していません。

108円│AQUOS sense

SHARPの格安SIMフリースマホ「AQUOS sense」。
こちらもミドルレンジスマホで、DIGNO Aに近いスペックを誇ります。

今回、arrows M04 PREMIUMはあまりオススメしていませんが、その理由は、このAQUOS senseの方が、スペックが上だからです。
arrows M04 PREMIUMといえば、arrows M04の上位互換モデルですが、それでもAQUOS sense以下と言えるスペック。

DIGNO Aより堅牢性という点では劣りますが、DIGNO Aのデザインが嫌いな方には、AQUOS senseが候補にあがるでしょう!

Felicaを搭載している為、DIGNO Aが非対応のおサイフケータイにも対応しています。
楽天Edy・nanacoモバイル・WAON・モバイルSuicaなどを利用している方には、AQUOS senseを選択することになります。

108円│DIGNO Phone

いまとなっては希少なガラケータイプのAndroid OS搭載スマホ、通称ガラホのDIGNO Phone。

ガラケータイプがお好みの方は、この機種一択です。
他社MVNOではガラケータイプのスマホの取扱いは減少傾向にありますので希少です。

26,028円│iPhone 6s 32GB

UQモバイルでは、iPhone 6sも取扱いがあります。(32GB / 128GB)
apple Storeでは未だに5万円以上で販売されているiPhone 6s 32GBが、おしゃべりプラン・ぴったりプランM/Lなら、半額近い26,028円で購入できます。(プランSは38,988円)

たとえば、プランMでiPhone 6sを購入した場合、11,000円のキャッシュバックがつきますので、実際は15,028円で購入できるイメージですね。

非推奨│arrows M04 PREMIUM

UQモバイル取扱い端末の中では、オススメできない端末です。
プランSでも108円で販売されているAQUOS L2のRAM/ROM増強版程度のスペックでありながら、プランS契約だと13,068円で販売されています。
また、CPUを比較してもAQUOS L2搭載のSnapdragon430よりも低性能なSnapdragon410を搭載。
GeekbenchやAntutuなどのベンチマークスコアアプリの結果を見ても、Snapdragon430より劣るのは明白です。

この価格の理由が全く分かりません。
もし、arrows M04 PREMIUMを検討しているなら、同価格のAQUOS senseの方がハイスペックです。

UQモバイルキャッシュバックQ&A

UQモバイルキャッシュバックに関する様々な疑問にお答えしていきます。

MNPでもキャッシュバックは適用となる?

よく他社のキャンペーンだと、系列のサブブランドやキャリアからのMNPだとキャンペーン対象外!とするようなケースもあります。
そこで、UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンが各社からのMNPでもキャッシュバック対象なのかをご確認頂ければと思います。

docomoからのMNPでもキャッシュバック対象?

UQモバイルのキャッシュバックはdocomoからのMNP乗換えでもUQモバイルキャッシュバック対象です。
また、docomo端末もSIMロックを解除すれば多くの端末がUQモバイルで利用できます。

docomoのSIMロック解除は非常に簡単で、「mydocomo」にログインして、SIMロックを解除を申し込めば、自宅で即時にSIMロックが解除可能です。

auからのMNPでもキャッシュバック対象?

UQモバイルはauグループのMVNOですが、auからのMNP乗換えでもUQモバイルキャッシュバック対象ですので、ご安心ください!

料金プラン・端末価格・キャッシュバック額など、すべてが他社からのMNPと同条件なので、心配無用です。

auの白ロムを使用する場合でも、SIMロック解除が必要なケースが多いので、UQモバイル公式サイトの「動作確認端末一覧」のページから、ご自身の端末のSIM種別とSIMロック解除の要否をご確認ください。

uqmobile_device

SoftbankからのMNPでもキャッシュバック対象?

SoftbankからのMNP乗換えでも、UQモバイルキャッシュバック対象となっています。
SoftbankからのMNPでは、MNP申込画面あたりをウロウロ回遊していると、「コジポ」「ウロポ」と言われる対象機種限定のポイントが貰えるかと思います。

ただ、3万ポイントもらえたところで、2年総額で考えるとUQモバイルが圧倒的に安いかと思います。
この点は、コジポのポイント数を見ながら、2年総額を計算して検討してみてください。

Y!mobileからのMNPでもキャッシュバック対象?

Y!mobileからのMNPでも、UQモバイルキャッシュバックの対象となっています。
Y!mobileは以前、UQモバイルのようにキャッシュバックキャンペーンを実施していましたが、2年毎に解約・新規契約を繰り返せば、解約手数料も掛からず2年毎にキャッシュバックがもらえたのですが、現在では終了となってしまいました。

キャッシュバックはいつ振り込まれる?

UQモバイルのキャッシュバックに関してよくある「いつもらえるの?」という質問に回答します。

申込経路によってキャッシュバックの現金が振り込まれるまでに開きがあります。
当ページ上部でもご紹介している通り、UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンは、「UQモバイル公式」「代理店BIGLOBE」「代理店LinkLife」の3社が行っております。

最速のUQモバイル公式が約3ヶ月後、代理店BIGLOBEで4~6ヶ月後、最遅は代理店LinkLifeで約7ヶ月後となっています。

キャッシュバックが振り込まれるまでの期間で、支払いの滞納やプラン変更があると、それだけでキャッシュバック対象外となってしまいますので、キャッシュバックが最も早いUQモバイル公式のキャッシュバックキャンペーンがオススメです。

店頭申込でキャッシュバックは適用できる?

UQモバイルでは、全国の家電量販店等にUQスポットと呼ばれる店舗を展開しています。
UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンは公式経由・代理店経由ともに、オンライン申込限定のキャンペーンとなっており、店頭申込は、キャッシュバック対象外となっていますので、ご注意ください。

どうしても、店頭で申し込みたい!というような場合にはキャッシュバックを諦めざるを得ません。

amazon経由でキャッシュバックは適用できる?(エントリーパッケージ)

まず、大前提として、UQモバイルのキャッシュバックは「専用URLからの申し込み」という条件がついています。

amazonからUQモバイルを申込む場合、amazonで販売されている「エントリーパッケージ」を購入して申込む形になります。
amazonでは、UQモバイル公式のエントリーパッケージとBIGLOBE UQモバイルのエントリーパッケージ、計2種が販売されていますが、どちらもエントリーパッケージ用のURLからエントリーコードを入力して申込む形となり、キャッシュバックキャンペーンの対象外となります。

AmazonのBIGLOBE UQモバイルのエントリーパッケージ商品説明欄には、2018年5月31日までキャッシュバックキャンペーン開催中!という表記がありますが、実際に申込画面で申込者情報入力画面まで進んでみましたが、キャッシュバック適用の表記は一切出てきませんでした。
ちょっと不安ですね。どなたか検証された方いらっしゃいましたら、コメント欄にて情報共有頂けますと幸いです。

リンクライフのキャッシュバックって実際どうなの?

UQモバイル代理店リンクライフのキャッシュバックの条件ですが、UQモバイル公式キャッシュバックキャンペーンと比較して条件が良いとは言えません。

ただし、おしゃべりプラン・ぴったりプランS/Mでのキャッシュバック額は公式よりも1,000円高いですし、プランM/Lでは初期費用無料キャンペーンである「WEB割」の併用が可能です。
ただし、iPhoneシリーズやSIMのみ契約がキャッシュバック対象外ですので、android端末とのセット契約でおしゃべりプランM/Lの契約を検討している方には、好条件と言えるでしょう。

キャッシュバックってなんか怪しいんだけど…

一部の方には、UQモバイルのキャッシュバックが怪しいという噂が流れているようです。
これは、UQモバイルが公式サイトで堂々と公開していない為という理由と代理店が積極的にキャッシュバックキャンペーンを推しているというのが理由として挙げられます。

しかし、実際はUQモバイルを運営するUQコミュニケーションズ公式のキャッシュバックキャンペーンも開催されていますので、怪しいワケではありません。
http://www.uqwimax.jp/promotion/uqmobile_lp_dfr4gsre53g1srfg.html
上記のUQモバイル公式キャッシュバックページを見て頂ければ分かる通り、ドメイン名が「uqwimax.jp」となっており、UQコミュニケーションズ公式ドメインだということが分かります。

UQモバイル公式の方針としては、提携サイト限定でキャッシュバックキャンペーンを展開しているので、一般の方々からすると疑問が残るのかもしれません。
ただ1つ言えることは、UQモバイル公式サイトトップページから申し込んでしまうと、キャッシュバック対象外となってしまうので損です。

口座振替でもキャッシュバック対象?

口座振替でキャッシュバックを獲得する際には注意点があります。

UQモバイル代理店のリンクライフのキャッシュバックキャンペーンでは、クレジットカードでおしゃべりプラン・ぴったりプランを端末セットで申し込んだ場合のみがキャッシュバック対象となっています。(デビットカードは不可)

逆に、UQモバイル公式のキャッシュバックキャンペーンでは、口座振替でもSIMのみ契約でもキャッシュバック対象となっています。

ヤマダ電機などの量販店店頭のキャッシュバックとの比較

ヤマダ電機・ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ジョーシン電機・エディオン・ケーズデンキ・ベスト電器・ノジマ電気など、さまざまな家電量販店でUQモバイルの取扱い・店舗契約が可能となっています。

これら家電量販店の一部店舗では、店舗独自のキャッシュバックキャンペーンを開催していることがありますが、内容もそこまで魅力的と言えるワケではありません。
そもそも、店舗限定のキャッシュバックキャンペーン自体がかなりレアで、開催していないことがほとんどです。

店舗オリジナルのキャッシュバック条件の一例ですが、プランM/Lのみ対象で売れ残り端末とのセット契約で20,000円キャッシュバックなど。

UQモバイル公式キャッシュバック

UQモバイル公式キャッシュバック専用ページ
→ http://www.uqwimax.jp/promotion/uqmobile_lp_dfr4gsre53g1srfg.html

3つのキャッシュバック経路の中で一番オススメなのが、UQモバイルを運営するUQコミュニケーションズの公式キャッシュバックキャンペーン。
他のキャッシュバックよりも適用条件が一番広く、キャッシュバックを受け取れるまでの期間も最速。

おしゃべりプラン・たっぷりプランのS/Mでは、リンクライフにキャッシュバックが

BIGLOBE UQモバイルキャッシュバック

BIGLOBE UQモバイルキャッシュバック専用ページ
https://join.biglobe.ne.jp/uqmobile/

BIGLOBE UQモバイルは、UQモバイル公式キャッシュバックの劣化版とも言える条件で、キャッシュバックが振り込まれるまでの期間が遅いです。キャッシュバック金額や対象条件はUQ公式キャッシュバックと同様。

また、BIGLOBEブランドがついたことによるメリットが全くなく、代理店を挟むメリットが消費者サイドにあるのか疑問です。
(BIGLOBEモバイルではBIGLOBE光とのセット割がありますが、BIGLOBE UQモバイルとBIGLOBE光のセット割は存在しません。)

UQ公式のキャンペーンから直接申し込めば代理店を挟まないことで諸々の対応も速いでしょうし。

リンクライフキャッシュバック

リンクライフ キャッシュバック専用ページ
https://uqmobile-store.jp/lp/asp_170721/

リンクライフのキャッシュバックキャンペーンは一長一短です。
まず、キャッシュバック対象条件がUQモバイル公式と比較して圧倒的に厳しいです。

キャッシュバック条件は、
・クレジットカードで申し込み
・ぴったりプラン、おしゃべりプランでの申し込み
・端末セットでの申し込み

UQ公式キャッシュバックではキャッシュバック対象となる下記条件もリンクライフ経由では非対象となっています。
・銀行振替での申し込み
・高速データプランの申し込み
・SIMのみ契約での申し込み

また、キャッシュバックまでの期間も7ヶ月前後とUQモバイルの倍近い期間を要します。

ただし、プランSで11,000円、プランMで12,000円、プランLで13,000と、
プランSとプランMの場合には、UQ公式よりも1,000円高いキャッシュバック額となっているのがメリットです。

また、プランM・プランLでの申し込みの場合、初期費用無料キャンペーンが適用となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)