W03レビュー│Racoupon Wimaxギガ放題プランを契約してみた。

W03本体・SIMカード・パッケージ

みなさま、こんばんは。
SIM男でございます。

今回、Wimaxのギガ放題で最安値であるRacoupon WimaxのW03を新規契約してみました。
ギガ放題の最安値比較は、また次回の記事でご紹介していきたいと思います。

W03の開封レビュー

早速、W03を開封しながら、付属品やRacoupon Wimaxの契約書など、詳細をご紹介していきたいと思います。

こちらが、梱包。シンプルでコンパクトな梱包。

RacouponWimax2+梱包

箱を開けると、まず、
Racoupon Wimaxの契約書が入っています。

RacouponWimax2+梱包開封

W03パッケージ

契約書をどけると、Speed Wi-Fi NEXT W03のパッケージが登場。

Speed Wi-Fi NEXT W03

W03のパッケージを開封していきたいと思います。

Speed Wi-Fi NEXT W03

せっかく化粧箱を開けた時に、W03本体が見えるように枠取りされているにもかかわらず、AUのSIMカードパッケージが邪魔でW03が見えません。笑

W03 パッケージ開封

AUのSIMカードは自分でW03に挿入する必要があります。
Pocket Wi-Fiの時は、最初からY!mobileのSIMカードが刺さっていたような…。

W03 AU SIMカード

NFC対応でタッチペアリング

本体の画面右側に、NFCシールが見えると思います。
W03より、NFCでタッチするだけでペアリングが完了する機能が新搭載されています。
NFC対応のスマホ・タブレット端末等でのみ利用可能です。
当然ながら、NFC非搭載の端末でタッチペアリングできません。

W03本体新品

W03の付属品・同梱物

こちらが、W03の同梱物一覧です。

W03付属品一覧画像

上から時計回りに、
・W03化粧箱
・AU SIMカード(マイクロSIM)
・マイクロUSBケーブル
・W03本体
・W03説明書、保証書

SIMカードの挿入方法(W03)

W03の使用にあたり、事前にSIMカードを挿入する必要があります。
すごく簡単なので、解説する必要もなさそうですが、一応、写真付きで解説しておきたいと思います。

まず、AUのSIMカードが入っているリーフレット(写真左)とW03本体(写真右)を用意します。

W03本体・SIMカード・パッケージ

AUのSIMカードリーフレットを開けると、
カードが入っていますので、そのカードを取り出します。

IMG_0867

写真下のやつですね。
その中のICチップが付いている部分がSIMカードですので、こちらをカードから、切り目にそって取り外します。少し押しこむだけで簡単に切りはずせます。

W03とAUのSIMカード

続いて、W03の上部側の側面に「Micro IC Card」と書かれている部分があります。

W03 SIMカード挿入方法解説1

こちらを開け、SIMカードを挿入します。

W03 SIMカード挿入方法解説2

SIMカードの挿入向きは、下の写真を参考にどうぞ。
ICチップ側が本体表面側に来るように挿入します。
SIMカードの角がかけている方から挿入していきます。

W03 SIMカード挿入方法解説3

これで使えるようになりました!

W03本体表面写真

筐体デザインは、W01のデザインを踏襲しており、コストカットを図っていると思われます。
W01では前面にAUロゴがありましたが、W03では無くなっていました。
と思いきや、本体右下のW03シールを剥がすと、AUロゴがありました。

契約内容通知書等の書類

右の書類がお買い上げ日のご案内。
左の書類が契約内容通知書になっています。

契約内容通知書について、もう少しご紹介。

表面には、
・契約者情報
・電気通信役務の内容
・サービスの料金
・契約変更・解約の条件(解約違約金)
・契約変更や解約の連絡先

Racoupon Wimax契約書

裏面には、
・有料オプションサービスの内容
・初期契約解除制度のご案内
・料金の支払い時期・方法に関する説明
・電気通信事業者の連絡先

Racoupon Wimax契約書裏面

等が記載されています。

必読!初期契約解除制度について解説

初期契約解除制度ですが、
2016年に開始された制度で、スマートフォンやポターブルWi-Fi端末・SIMカード等のデータ通信契約における、クーリングオフ制度に近いものです。

初期契約解除制度に関する記載のある書面を受け取った日から、8日以内であれば、クーリングオフと同様に返品・契約を解除することができるというものです。

しかし、クーリングオフと違う点は、
返品するまでに利用した月額料金の一部や契約手数料に関しては、返金されないという点。

各種スマホやWimaxやポケットWi-Fiも、電波エリア等に関しては、公式サイトで詳しく掲載されていますので、そちらを参考にすると良いと思います。

参考:Racoupon Wimax公式サイト

W03の機能の特徴まとめ

・3波CAに対応し、最大370Mbps。(Wimax2+を2波、4G LTEを1波)
・3000mAhの大容量バッテリー搭載で約10.2時間連続通信可能
・バッテリーセーブ設定なら、約12.2時間の連続通信が可能
・Quick Charge 2.0規格にも対応(急速充電に対応)
・専用アプリ「HUAWEI HiLink」を使えば、スマホからリモート操作可能

W03とW01の比較

当方、たまたまですが、
W03と同じHuawei製の前モデルにあたるW01を所有しておりますので、こちらとの比較もご紹介しておきたいと思います。
ちなみに、W01の契約は、ギガ放題オプションはつけていません。

写真左:新モデルW03
写真右:旧モデルW01

W03とW01の比較

大まかなレビューをすると、
W03はW01よりも一回り大きくなり、重量も若干増えています。

113gのW01に対し、127gのW03、
手で持っても、そこまで違いは感じません。

W01のバッテリー容量が2,300mAhに対し、
W03のバッテリー容量は3,000mAhとなっています。

これによって、連続待受時間が730時間から1,040時間へと改善。
連続通信時間も8時間から10.2時間へと改善。
さらに、バッテリーセーブ設定時なら、12.2時間の連続通信が可能となっています。

W01は、3波CAに対応していない為、最大通信速度220Mbpsですが、W03は2GHz帯LTE回線を加えた3波CA対応で最大370Mbps対応となっています。

前述のとおり、W03では、NFC対応機器とのタッチペアリングに対応、またAUのLTE/UMTSローミングにも対応している為、海外でのLTE回線の利用もできます。

ギガ放題の制限速度は6Mbps?

ギガ放題じゃない通常プランのW02はすでに持っているのですが、こちらが速度制限に掛かり非常にストレスフルな速度に制限されていること。

そして、ギガ放題プランだと、3GB/直近3日を超過した後の制限速度も6Mbpsという噂を聞きつけ、ギガ放題プランの契約を決めました。

しかし、ネットの情報なので、直近でもその仕様なのかどうなのか真偽は定かではありませんので、この制限後の速度の検証も含め、ご紹介していきたいと思います。

ちなみに、UQコミュニケーションズ発表の公式の数値ではありません。
ギガ放題プランの3日制限時の制限速度は非公表となっています。

コメント

  1. たなかん より:

    初めまして。
    ラクーポンの記事拝見したのですが 
    w03契約時もデビット契約でしょうか?

    • SIM男(管理人) より:

      たなかんさん

      こんばんは、SIM男でございます。
      ラクーポンWimaxですが、W03契約時も楽天JCBデビットカードを使用しております。
      先月分も、楽天JCBデビットで引き落とされています!

      参考になれば幸いです!