スマモバを徹底評価│スマモバを契約してみた口コミと速度検証

スマモバ内容物

みなさま、こんばんは。
SIM男でございます。

つい先日、スマモバのLTE使い放題SIMを契約し、到着しましたのでレビューしていきたいと思います。

LTE使い放題で話題の新参SIM スマモバのレビューです。

スマモバ公式サイト
https://smamoba.jp/

スマモバLTE無制限SIMの概要

スマモバをご存知ない方のために、スマモバの概要をまとめて簡単にご紹介したいと思います。

スマモバもdocomo回線を利用したMVNOの一つであり、当初は、利用制限なしのWi-Fiルーターを主力商品として展開していましたが、今では、LTE使い放題のSIMを主力商品として展開しています。

また、docomo回線を使用している為、通信エリアもdocomoと同じ全国エリア。
通信速度は、下り最大262.5Mbps。一部主要都市では、下り最大375Mbpsとなっており、順次全国で375Mbps対応エリアを拡充するようです。

使い放題SIMとしてスマホで利用するのも、SIMフリールーターを用意してPCやタブレット用のWi-Fiルーターとして活用するのもアリですね。

スマモバのLTE使い放題SIMは3プラン

さて、スマモバが他のMVNOと違い、少し特徴的なのが、時間帯別の使い放題プランを用意いています。

使い放題SIMでありながらも、時間帯によっては1,980円から利用できるというのも特徴的ですね。

参考:料金プラン一覧 – スマモバ公式サイト

スマモバの音声通話SIM料金詳細

まずは、音声通話SIMの料金と詳細から、ご紹介していきます。

スマモバ
音声通話SIM
LTE
使い放題
プレミアム
プラン
ナイトプラン
月額料金(税抜) 3,480円 2,980円 2,480円
LTE無制限
の時間帯
全時間帯
(24時間)
1時~17時 1時~9時
上記時間帯
以外の速度
128Kbps 128Kbps

しかし、全時間帯でLTE使い放題となっているU-mobile PREMIUMと比較すると、割高な料金設定となっていますし、2年縛りがあるのも難点ではあります。

スマモバのデータ専用プラン料金詳細

データ専用プランの料金と詳細がこちらになります。

スマモバ
音声通話SIM
LTE
使い放題
プレミアム
プラン
ナイトプラン
月額料金(税抜) 3,480円 2,480円 1,980円
LTE無制限
の時間帯
全時間帯
(24時間)
1時~17時 1時~9時
上記時間帯
以外の速度
128Kbps 128Kbps

通話SIMもデータSIMも同料金(LTE使い放題プラン)

データ専用プランでは、残念ながら、24時間LTE使い放題SIMのプラン設定がありません。
データ専用も選択できますが、値段が変わらないので、音声SIM選択するほうがお得感あります。

当方、てっきり値段が変わるものだと思って、LTE使い放題プランのデータ通信専用を選択しましたが、損した気分です。笑

スマモバの速度

スマモバの格安SIMの速度は、docomo回線と同様、2016年8月現在では、262.5Mbps。
すでに主要都市では、375MbpsのPREMIUM 4G LTEが展開されていますが、全国展開まではもう少し時間が掛かりそうです。

そして、スマモバの実行速度についても、ご紹介しておきたいと思います。

夜の輻輳時間帯が始まりつつある、平日18時頃に測定しました。

下り:1.54Mbps
上り:3.87Mbps
Ping:43ms

smamoba_20160825

また、当サイトでは、毎月、格安SIMの速度測定を行いランキング化しております。
来月以降、こちらの格安SIM速度ランキングに追加して、毎月の速度の変化を記録していきたいと思います。

Umobile Premiumとの速度比較

こちらがUmobile Premiumの速度測定結果。
Umobile Premiumのレビューをまだかいていませんが、取り急ぎ、速度比較だけ掲載してしまいます!

参考:Umobile Premium

UmobilePremium_20160825

下り:0.20Mbps
上り:6.72Mbps
Ping:118ms

Umobileのスピードですが、上りは調子いいんですよね。笑

「Umobile Premiumは、顧客満足度の高いIIJmioがMVNEです。」という謳い文句のようですが、結局、Umobileさんが、顧客増に応じてMVNEであるIIJmioさんとの契約を見なおして、十分な帯域を確保しなかったら、どこがMVNEだろうが速度は出ないんでないかい?と思うのですが、ここはどうなんでしょう。

Umobile Premiumも今後の毎月の速度測定を行っていきますので、そちらを参考にしてみてください。

スマモバもUmobile Premiumも、まだ一度しか速度測定していませんので、真の実力はまだ分かりません。

スマモバの到着レビュー

スマモバですが、東京都江東区の佐川急便 江東営業所より発送されてきます。

スマモバ梱包

依頼主は、スマモバを運営する「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」。
本社は、東京都豊島区南池袋1-13-23となっています。

スマモバ発送元

佐川急便お決まりの封筒を開けると、
プリンター用紙に印刷された、かなりの書類とSIMカード。

スマモバ内容物

docomo SIM

最近のdocomo SIMは無地ですね。

今回、24時間LTE無制限の「LTE使い放題プラン」で申込をしているので、音声通話付きのはずなのですが、SIM表面には、”データ専用”というシールが貼られています…。笑

スマモバdocomo SIM表面

こちらが、スマモバSIMの裏面写真。
いつものdocomo SIMですね。

スマモバdocomo SIM裏面

そして、同梱の書類一式がこちら。
両サイドの紙は、1枚だけなのですが、中央の利用規約が分厚い。

スマモバ書類一式

こちらが、スマモバの利用規約。
これ、ネットで読ませればいいんじゃないの?と思いますが、どうしても読んでください。という意気込みが感じられます。

スマモバ(Smart Mobile Phone)利用規約

A4用紙19枚の大作です。

Smart Mobile Phone利用規約 データ専用SIMカード版

そして、こちらが、利用手順の説明書。
スマモバで、セット販売しているHUAWEI Mobile WiFi E5377をベースの解説書となっていて、初心者には非常にわかりづらい解説書となっています。

スマモバデータ端末の利用手順

APN設定を一度でもしたことがある方であれば、難なく設定できると思います。
下記、スマモバのAPN設定を参考に設定をしてください。

スマモバのAPN設定

スマモバのAPN設定をご紹介します。

アクセスポイント名(APN名):わかりやすい名前
APN:phone-sim.com
ユーザー名:mvno
パスワード:mvno
認証方式:PAPまたはCHAP

スマモバは、SIMロック解除したAU版Android端末も利用可能ですが、docomo版Androidと違い、CPA接続設定という項目の中にありますので、そちらで設定してください。

お申込内容通知書&割賦契約書

申込みから1ヶ月経過してようやく、申込内容通知書と割賦契約書が届くという妙な事態。
ただの憶測ではありますが、初期契約解除制度の兼ね合いでの対応なのかなと思いました。

既に、契約から1ヶ月程度が経過していますが、今回届いた書類の最終ページに初期契約解除制度の案内と「本書面を受領した日から起算して8日を経過するまでの間、書面により本契約の解除を行うことができます。」との記載があります。

そちらも後程、ご紹介していきます。

今回、スマモバから届いた封筒がこちら。

スマモバ_契約書類

中を開けると、

スマモバ_封書

御申込通知書の送付の案内。
いまさら!

申込内容通知書の送付案内

契約者情報と申込み情報。
申し込み情報欄には、契約開始日・プラン名・SIMサイズ・ICCID・MSN・最低利用期間など、細かく記載されています。

端末の割賦契約をした方の場合には、最下部に割賦契約内容の詳細も。

Smart Mobile Phone 御申込通知書 兼 割賦契約書

割賦契約の利率や頭金・月額利用料の詳細と決済方法の記載。

さらに事務手数料も一覧となって、記載されています。
これは分かりやすい!

スマモバ各種手数料一覧 費用(税抜き)
登録事務手数料 3,000円
SIM再発行手数料 3,000円
SIM利用停止手数料 500円
SIM利用再開手数料 500円
契約解除手数料 9,800円
MNP予約番号発行手数料 5,000円
SIM未返却手数料 3,000円

割賦契約内容・月額利用料金・決済方法

最後に、注意事項と初期契約解除制度の案内となっています。

私の憶測でしかないですが、今回、この書面が今更届いた本意は、この初期契約解除制度なんじゃないかなと思っています。

注意事項・初期契約解除制度

おそらく、今頃、新規契約された方には、この初期契約解除制度の記載のある書面が早々に届いていそう。

「エクスポコンテンツリヨウリョウ」の謎

ふと、クレジットカードの明細を眺めていると、
エクスポコンテンツリヨウリョウという謎の請求。

ネットで調べてみると、株式会社EXPOという企業の携帯保証サービスの模様。

まーーーーったく、見に覚えがありません。
そもそもスマホの端末保証の類には、格安SIMへの乗り換え以降全く使用していません。

そこで、株式会社EXPOのサポートセンターに電話。
0120-213-444

詳しく聞いてみると、
スマモバの決済代行も行っているようで、
スマモバの代金の請求が、クレジット明細上では、「エクスポコンテンツリヨウリヨウ」となるようです。