SIMアダプターが抜けなくなり、MR03LN破損。SIMアダプターの注意点

MR03LN SIMスロット破損

みなさま、こんにちは。
SIM男でございます。

本日、午前中、
NifMo速度の記事を書いている最中の事件。

SIMアダプターが抜けず、ルーター破損。

SIMアダプターとSIMカードの隙間の部分に、
ルーター側に取付けられている板バネのような端子が引っかかり、SIMカードが抜けなくなりました。

そこで、SIMアダプターを上下左右に動かしながら、
引張りぬいたところ、見事、取り出せました。

しかしながら、
ルーター本体はというと、
本来、本体内側に向いている、
SIM挿入口付近の板バネ的な端子は、3本とも外向きになるという事態。

これにより、SIMカードが挿入できなくなりました。

MR03LN SIMスロット破損

写真だと、非常に分かりづらいのですが・・・。
端子が3本とも、そとに出てきてしまってます。

SIMアダプターが抜けない時の対処法

こんな事態になるとは思わず、
力技で勝負を挑んだ結果、
こうなった訳でございます。

SIMアダプター利用時の注意点として、
ん!?抜けない!と思ったら、
絶対に、無理に引っ張らないこと。

先駆者が、SIMアダプターが抜けなくなった時の対処法を既に開発していました。

SIMアダプタが抜けないときの裏技

皆様は、私の二の舞いにならないように、
くれぐれもお気をつけください。

たかだか、数百円のSIMアダプターで、
2万円のルーターが一瞬にして、
ゴミ屑となりました。笑

修理について聞くため、サポートに電話

NECプラットフォームズさんに、
修理費用と納期を確認する為、
電話問い合わせ。

保証書に記載の電話番号に発信。
(Atermインフォメーションセンター)

3分ほど、延々と、
保留音の「エリーゼのために」を聞かされる。

ナビダイヤルなんだから、勘弁してほしいし、
保留音の単調な「エリーゼのために」の延々リピートは気が滅入りそうになります。

そういえば、すごく脱線するのですが、
数年前、PayPalのサポートに電話した時の保留音がすごく印象的でした。

ボーカル入りの「Scarborough Fair」が流れていて、待ち時間が苦じゃなかったのを覚えています。
多分ですが、これ。
Scarborough Fair – KOKIA

修理窓口は、保証書に記載されていない

修理窓口は、別の番号になるので、そちらに掛けて下さいとのこと。
なんだとー!

どうやら、修理専用の窓口の電話番号は非公開のようなので、公開は避けておきます。

どちらにしても、MR03LNの修理をしたい場合、保証書記載の番号に一回掛ける必要がありそうです。
確かに、保証書には、
「Atermの機能、操作、設定、故障診断」と記載されている。
修理とは、記載がないんです。

おそらく、設定がわからず、
壊れてないにも関わらず、修理してくれ。という人が多かったのでしょう。

繋がった先は、NEC 121コンタクトセンターだったと思います。
こちらは、フリーダイヤル。

オペレーターさんが、
「Atermインフォメーションセンターからの紹介ということで宜しいでしょうか?」
と聞いてきたので、おそらく非公開なのでしょう。

Aterm MR03LN 驚愕の修理費用

症状の説明をして、
修理に掛かる時間と料金を聞くと、
引取修理で10日~14日程度。

料金、なんと25,000円。

いや、嘘だ!そんなわけない!
当時、新品で20,000円ちょっとで買ったのに・・・。
Aterm MR03LN – Amazon.co.jp

おそらくSIMスロットの交換対応はしていないようです。
新品交換ということみたい。

ということで、修理は諦め。
とりあえず、Y字ドライバー買ってきて、
おもちゃにして、遊ぼう。

DC-Unlockerと言うソフトで、
305ZTのSIMロック解除も出来るようですが、
メインで使ってますので、幾分かの不安もありますし。

さて、次は、どのルーターを買うか。

数百円のSIMアダプターひとつのせいで、
一瞬にして、2万円が吹き飛ぶとは。
人生楽しすぎる。アハハ・・・。

1 個のコメント

  • スマホでやりました。明日、修理相談をする予定です。3万ならスマホだけに修理してもよいと思います。裏技参考になりましたが、そんなもの挿入できるのかな?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)