DMMモバイルの格安SIM諸費用・解約手数料まとめ

みなさん、おはようございます。
SIM男でございます。

今回は、DMMモバイルのSIMについて、
月額料金や解約手数料などをまとめた上で、
費用総額などを算出してみました。

DMMモバイルのSIMの初期費用・月額費用・解約手数料から、
まとめていきたいと思います。

データSIM・音声SIMで分けて、ご紹介していきます。
この記事を作成するにあたり、
DMMモバイル公式サイトの重要事項説明書を参考にさせて頂きました。

普段、自分が契約するときは、
重要事項説明書なんて、一切読みません。笑

DMMモバイルのSIMの初期費用

・契約事務手数料(新規契約手数料)

データSIM・音声SIMともに、
一律3,240円

調査日時点のデータとなります。
最新データは、下記DMMモバイル公式サイトより、
ご確認ください。
http://mvno.dmm.com/

DMMモバイルのSIM 月額料金

DMMモバイル SIMの月額料金は、
下記の通りとなっています。

前回の記事でも、掲載させて頂いた通り、
1GB通信付きの音声通話SIMで1,260円というのは、最安値かと思います。

つまり、docomo系の格安SIMのなかでも、
1GB通信付きの音声通話SIMにおいては、
DMMモバイルが最安値なのではないかと。

最低利用期間と解約手数料

DMMモバイルSIMの最低利用期間と解約手数料は、
データSIMと音声SIMで変わってきますので、
それぞれご紹介していきます。

その前に、解約手数料を計算する上で必要となる、
利用開始日について、解説しなくてはなりません。

利用開始日っていつ?

DMMモバイルの重要事項説明書には、
・利用開始日
という表現が出てきます。

利用開始日 = SIMカード開通処理日

SIMカード開通処理日っていつなの?というお話しになるのですが、
DMMモバイルから送られてきた「商品発送のお知らせ」メールにかかれていました。

到着予定日の午前9時頃に開通処理致します。

私の場合は、上記表現でしたが、
もしかすると、申し込むタイミング等によって、
違うかもしれません。

利用開始日は、SIMカード開通処理完了日ですので、
かならず、「DMMモバイル:商品発送のお知らせ」という件名の
メールを確認するようにしてください。

DMMモバイル発送のお知らせ

データSIMの最低利用期間・解約手数料

最低利用期間は、利用開始日を含む月の末日までとなっています。
つまり、11月29日に、利用開始したのであれば、
11月30日までが、最低利用期間となります。

解約手数料の規定は、特に記載されていませんので、
利用開始日を含む月の途中で解約しても、
末尾までの料金は、支払って下さいね。
ということのようです。

音声通話SIMの最低利用期間・解約手数料

DMMモバイルの音声通話SIMの場合、
利用開始日の翌月から12ヶ月間が最低利用期間となります。

2016年11月24日が利用開始日の場合、
2016年11月30日までの解約には、解約手数料が発生するが、(来年はうるう年!)
2016年12月1日以降の解約であれば、解約手数料は発生しない。
ということになります。

DMMモバイル 音声通話SIMの解約手数料は、
9,720円(税込み)

解約申込の期限

DMMモバイル SIMの解約申込期限は、月末日の前日まで。
解約申込月の末日で解約となります。

2016/11/24に解約申し込みをした場合、
2016/11/30までが契約期間となり、
2016年11月分は、満額請求となります。

つまり解約は、いつ申し出ようが、
月末までの契約となるので、日割り計算にはなりません。

利用開始月の日割り計算について(利用料)

DMMモバイルの場合、
家賃の日割り計算等で一般的な30日割ではなく、
解約希望月の日数から算出するそう。
3月なら31日、4月なら30日といった具合。

また、「初回基本料金のスタート日は、初回決済日の5日後」ということなので、SIMカードの発行が確定され、初回の決済があった日の5日後を起点として、初月の利用額の日割り計算を行うようです。

2016/11/24が初回決済日の場合、
初回基本料金のスタート日は、11/29。
月額料金÷30日×2日間が初回の月額料金となります。

つまり、2016/11/26が初回決済日となれば、
2016/12/1が初回基本料金のスタート日となるので、11月の請求はなしということになりますね。

月額料金÷(当月日数)×(起算日から末日までの日数)

利用開始月の日割り計算について(高速データ通信量)

見落としがちなのが、この点ですね。
利用開始月の高速データ通信量の通信可能量も日割りになります。

例えば、1GBの通信付きSIMを2016年11月24日契約した場合、
上記の利用料の計算とは違い、利用開始日を起点として計算されます。

2016/11/24が利用開始日の場合、
高速データ通信量÷30日×7日分=初月利用可能容量
高速データ通信量÷(当月日数)×(起算日から末日までの日数)

1GBプランを例に、上記条件で計算すると、
11/24~11/30の7日間で約240MB、高速データ通信が使える計算になります。

上の項目で書いたとおり、もちろん、料金も日割りになりますので、
その点は、ご安心を!

支払い方法に関して

DMMモバイルの支払い方法は、
クレジットカードのみとなっています。

DMMモバイルでデビットカードは使えるの?

他サイトでは、DMMモバイルの格安SIMは、
デビットカードの支払いが不可なんて書いてあるところもあるようですが、
私が申し込んだ2015年においては、私自身、楽天VISAデビットカードで申し込み、利用できておりました。(前回記事で書いたとおり)

しかし、現在では、残念なことに、デビットカード完全にNGとなっておりますので、クレジットカードで契約しましょう。

デビットカードで契約できるMVNOの格安SIM・格安スマホはこちらにまとめております。
格安SIMデビットカード

ちなみに、DMMモバイル公式サイトの表記には、こうあります。
「※デビットカードやプリペイド式クレジットカードなど、一部利用できないカードがあります。」

最後にまとめ。契約前に必ずお読み下さい。

こういう通信関連の契約には、トラブルや落とし穴がつきものなので、
穿った目で、重要事項説明書を読んでみましたが、
さすがはDMMさん。

特に、注意する点もないかなと思います。

ただし、ここで掲載している、料金や契約条件などは、
あくまでも調査日時点のものです。

申し込み前に、必ず、
下記DMMモバイル公式サイトより、
詳細をご確認ください。

http://mvno.dmm.com/

DMMモバイルの格安SIMの契約条件等をまとめてみました。
他に何か疑問点等ありましたら、コメント頂ければ回答させて頂きます。

それでは、またお越しくださいませ!

スポンサーリンク