TONE m17のレビュー│スペック・価格・m15との比較など

TONE m17

TONE m17をレビューしていきます!
TONE専売端末である、富士通コネクテッドテクノロジーズ製のTONE m17。

TONE m17スペックまとめとm15との比較

スペックから価格・m15との比較や他社SIMの使い方まで、ご紹介していきます!

TONE m17のスペックをまとめながら、前機種であるTONE m15とのスペック比較をしていきたいと思います。

TONEのオリジナル端末もだいぶ、実用的な端末に仕上がってきました!

項目 TONE m17 TONE m15
価格帯 29,800円 29,800円(販売終了)
カラー ホワイト ホワイト
サイズ(mm) 約144×71×8 約147.9×74.5×8.6
重量 約148g 約165g
OS Android™ 7.1.1 Android™ 5.1
CPU MSM8916 MediaTek MT6735
コア数 4コア(クアッドコア) 4コア(クアッドコア)
ディスプレイ 5インチ 5.5インチ
解像度 HD(1,280 x 720) HD(1,280 x 720)
縦横比 16:9 16:9
メモリ(RAM) 2GB 2GB
ストレージ(ROM) 16GB 16GB
バッテリー 2,580mAh 3,000mAh
アウトカメラ 1,310万画素 1,300万画素
インカメラ 500万画素 500万画素
4K動画撮影 非対応 非対応
ハイスピード撮影 非対応 非対応
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth® V4.1 Bluetooth® V4.1
おサイフケータイ 対応 非対応
ハイレゾ 非対応 非対応
ワンセグ/フルセグ 対応 非対応
防水 対応 非対応
防塵 対応 非対応
耐衝撃 対応 非対応
外部端子 microUSB microUSB
NFC 対応 対応
Felica
(おサイフケータイ)
対応 非対応
赤外線 非対応 非対応

参考:TONE m17公式サイト

TONE m15から大きく進化した点といえば、大きく3点あります。

  1. 防水・防塵・耐衝撃に進化!
  2. おサイフケータイ対応!
  3. ワンセグに対応!

1. 防水・防塵・耐衝撃に進化!

まず、大きなポイントは、防水・防塵・耐衝撃性能が付加されたことで、よりキッズスマホ・シニアスマホとしての実用性が高まりました。

TONE m17では、ハンドソープで洗えるほどの防水性能を備えており、子供が携帯を汚してきても洗える安心の防水性能です。

2. おサイフケータイに対応!

TONEの過去モデルで対応していなかったFelicaが搭載され、楽天Edy、モバイルSuica、nanacoモバイル、iD、モバイルWAON、QUICPayといった電子マネーに幅広く対応しています。

キッズスマホやシニアスマホとしてだけでなく、大人のメインスマホとしても使えるような実用的モデルへと進化を遂げてきました。
やっぱり日本市場では、おサイフケータイ対応というのは大きいですよね。
Huaweiデバイスのコスパは良いですが、おサイフケータイ非対応なのが残念です。

3. ワンセグに対応!

ワンセグチューナーが搭載され、TONEモデルとしては初のワンセグ対応モデルに。

出先での地デジ視聴が出来るようになりました!

TONE m17開封レビュー

今回、TONE m17をTONEモバイル公式サイトで購入しましたので、開封レビューをお届けしていきたいと思います。

TONE m17_梱包

早速、開封していきましょう!
まず、入っているのは納品書。

TONE m17_開封

つづいて、取扱説明書をどけると、

TONE m17_開封2

TONE m17のパッケージが!

TONE m17_開封3

TONE m17付属書類一覧

・TONE m17ご利用にあたっての注意
・TONE m17取扱説明書
・SIMカード挿し込み方法

TONE m17_添付書類一覧

SIMカード挿し込み方法

SIMカード挿し込み方法の解説マニュアルが添付されていますが、TONE m17では購入時、既にSIMカードが挿入された状態で届きますので、ご安心ください。

TONE m17_SIMカードの挿し方

ご利用にあたっての注意

ご利用にあたっての注意には、細かく記載されています。
全体に目を通してほしいですが、ハンドソープで洗う場合には、防水に関する注意点には目を通しておいてください。

TONE m17_ご利用の注意点

TONE m17の取扱説明書

TONE m17_取扱説明書

取扱説明書の目次がこちら。
キッズスマホやシニアスマホ向けに推しているMVNOということもあり、取扱説明書には事細かく丁寧に解説されています。

TONE m17_取扱説明書目次

TONEサポート窓口の電話番号

裏表紙には、TONEのサポート電話番号が書いてあるのも親切ポイント。

TONEモバイルお客さまサポート窓口:050-7300-6773
年中無休 10~19時

TONE m17_取扱説明書裏表紙

TONE m17本体レビュー

TONE m17のパッケージがこちら。

TONE m17_パッケージ

パッケージを開けると、早速m17本体が。

TONE m17_パッケージ開封1

本体の下には、保証書。

TONE m17_パッケージ開封2

TONEの大きな特徴の1つである、パッケージ内の「置くだけサポート」。

TONE m17_パッケージ開封3

 

液晶画面には、液晶保護フィルムが貼ってありますが、透明度が高くないので、剥がさないといけないタイプの保護フィルムとなっています。

TONE m17_本体1

TONE m17のおもて面

TONE m17_本体おもて面

TONE m17のうら面

TONE m17_本体うら面

m17のレイアウト

本体右側面には、電源ボタンと音量ボタンの3ボタンレイアウト。

TONE m17_本体右側面

本体下部には、ストラップホール・マイクロUSBソケット・マイク。

TONE m17_本体底面

本体左側面には、Micro SDソケットとSIMカードソケット。

TONE m17_本体左側面

本体上部には、イヤホンジャック。

TONE m17_本体上部

本体背面上部には、メインカメラ・フラッシュ・背面マイク。
背面マイクは、おそらく通話時のノイズキャンセリング用です。

TONE m17_アウトカメラ部分

付属品一覧

こちらが、TONE m17の付属品一覧。

TONE m17_付属品一覧

TONE m17のコネクターはマイクロUSBが採用されています。
付属の充電器とマイクロUSBケーブル。

TONE m17_USB充電器

TONE m17純正の充電器は、ミツミ電機製の2A急速充電器。

TONE m17_ミツミ電機製急速充電器

TONE m17の保証書

安心の国産ブランド富士通製ということもあって、品質は信頼できますが、メーカーの1年保証がついています。

TONE m17_保証書

無料保証規定

TONE m17_無料保証規定

SIMカード・SIMサイズ

付属のSIMカードは、本体内に内蔵された状態で届きます。

TONE m17_SIMスロットとMicro SDスロット

TONE m17のSIMサイズは、nano SIM。

m17はSIMフリーですので、他社のSIMカードも利用できます。

TONE m17_SIMカード

TONE m17の初期設定・セットアップ

TONE m17の初期設定を解説していきます!

まずは、本体右側面にある電源ボタンを長押しして、電源を入れましょう。

TONE m17_初回起動1

すると、オープニングムービーが流れます。

TONE m17_初回起動2

TONEのロゴが出てきたら、もう少し!

TONE m17_初回起動3

Android OSが起動した画面。
「ようこそ」

おそらく、日本語が選択されているとおもいますので、そのまま「使ってみる」をタップしましょう。

日本語が選択されていない場合、日本語を選択しましょう。

TONE m17_セットアップ1

TONE m17へようこそ。
過去に別のスマホを使っていた方で、データを引き継ぎたい方は、「データのコピー」をタップしてください。

データを引き継がなくて良い方やはじめてのスマホの方は、「新規としてセットアップ」をタップしましょう。

TONE m17_セットアップ2

つづいて、Wi-Fiの設定になります。
ご自宅に無線LAN・Wi-Fi環境がある方は、ここでセットアップしてしまいましょう。

ご自宅のWi-Fiスポットを選択して、ルーターのパスワードを入力しましょう。

TONE m17_Wi-Fi設定

つづいて、Googleアカウントの設定です。
すでにGmailなどをご利用でGoogleアカウントをお持ちであれば、Google IDとパスワードを入力します。

ひとまず、スキップしても大丈夫です。

TONE m17_Googleアカウント設定1

今回は、Googleアカウントの設定はスキップしていきます。

TONE m17_Googleアカウント設定2

名前を設定できます。
スキップしたい方は、何も入力せずに、「次へ」をタップしましょう。

TONE m17_名前の設定

「スマートフォンの保護」
電源ON時に掛けるセキュリティを設定します。

端末を落とした際などに役立ちますので、ぜひセキュリティはかけておきましょう。

TONE m17_セキュリティ設定

今回は、パターンロックを設定していきます。

TONE m17_セキュリティパターン設定

一回、設定した後、

TONE m17_セキュリティパターン設定2

確認の為、もう一回同じパターンを入力します。

TONE m17_セキュリティパターン設定4

Googleサービスの利用設定。
利用したい項目をONにして、次へ。

TONE m17_Googleサービス

最後に、「設定を完了」をタップ。

TONE m17_その他の設定

これで、TONE m17の初期設定が完了!

TONE m17_初期設定完了

こちらが、TONE m17のホーム画面。

TONE m17_ホーム画面

こちらが、TONE m17のアプリ一覧画面。

TONE m17_アプリ一覧画面

キッズスマホとして使用する場合の設定

TONE m17の初期設定が完了した段階では、キッズスマホ向けのインターフェースにはなっていません。

いわば、普通のスマホと同じ、なんでも出来てしまう状態ですので、キッズスマホ向けにホーム画面をカスタマイズする必要がありますので、解説していきます。

最初に、TONE公式サイトのマイページから、「TONEファミリー」の登録を済ませましょう。

続いて、アプリ一覧画面から、「TONEファミリー」を起動。

TONE m17_TONEファミリー

TONEファミリー登録時に設定したパスコードを入力します。
このパスコードがお子様にバレてしまうと、なんでも出来てしまう状態ですので、このパスコードは秘密にしておいてください。

TONE m17_TONEファミリーパスコード

このホーム画面の項目で、「TONEホームに固定する(テーマ:Teen)」を選択します。

TONE m17_TONEファミリー設定

これで、ホーム画面がTeenに設定され、パスコードなしでは、ホーム画面を変更することが出来なくなりました。

また、ホーム画面をTeenに設定している間は、アプリのインストール制限が掛かり、親の許可なく、アプリを起動することが出来ない状態です。

ダウンロード自体は出来ますが、起動が出来ない状態ですので、動画アプリやゲームアプリ・出会い系アプリなどの有害アプリを勝手に利用できないというのが、TONEの強みですね。

TONEで開催中のキャンペーン情報

TONEは比較的キャンペーンを頻繁に行ってくれるMVNOの1つです。
下記ページにて、TONEのキャンペーン情報をまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

参考:現在、開催中のキャンペーンまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)