アプリダイエットでデータ使用量もダイエット。格安SIM乗換え前にアプリを削除しておくべき理由。

docomoLTE回線データ使用量

みなさん、おはようございます。

今日はパケット定額利用者の方向けの記事となります。
ドコモのパケホーダイフラット(旧プラン)・AUのLTEフラット・Softbankのパケットし放題フラットなどを契約されている方は、基本的に一人で月間7GBの高速通信が使えるかと思います。

私も多分にもれず、その一人。

月間7GBというと、動画視聴をすれば余裕で到達出来る訳ですが、私は携帯で動画視聴などはしません。

それにも関わらず、
先月、初めて月間7GBの壁を超えました。

その通信利用量の内訳がこちら。

LTEデータ通信量

テザリングはしょうがないです。
仕事で使っているので。
これを減らすつもりはないし、そこはケチるトコじゃない。

ただ、見過ごせないのが、
2番目、なんでGoogle Playストアで2GBも消費してるのか。
新規でアプリのダウンロードなんて、ここしばらくしてないですから。

そうか。
アプリのアップデートのせいだ。

そういえば、アプリダウンロードして、使わなくても入れっぱなしのものが多い。

いつか使うだろうから、一応取っておこう。
って。笑

Xperia Aの場合、内蔵ストレージが32GBもありますから、
容量を気にして、アプリを削除する必要も無いですし。

おそらくここ半年一度も起動していないアプリが多数。

というわけで、格安SIMに乗り換えたら、Umobileの3GBプランですから、しょうもない通信で浪費させる訳にはいきません。

というわけで、アプリの大掃除開始!
大体50個ほどのアプリを一気にアンインストール。

Androidアプリを大量アンインストール

 

Sonyとdocomoの純正アプリで一度も使ってないやつも消したいんですけどね・・・。

いらないなー。
データのムダな通信量を抑える為にも、
これから格安SIMの低容量プランへと乗り換える方は、
ぜひ、インストール済みアプリのダイエットに取り組んでみてください。
ムダな消費通信量が抑えられてヘルシーになれます。

ちなみに、2014年10月の私の月間通信量上位10位はこちら。(10月分 総データ使用量7.19GB)
といっても、上位二つで約5GB近く消費しています。。

1位 テザリング
2位 Google Playストア
3位 Chrome
4位 Googleドライブ
5位 Google Play開発者サービス
6位 Eメール
7位 SmartNews
8位 LINE
9位 Google+
10位 マップ

datasiyouryou02

これで11月のGoogle Playストアの通信量がどれだけ抑えられるか、引き続き様子を見てみたいと思います。

格安SIM乗換え前に、7GB突破してみて良かったです。

いままでデータ使用量なんて気にしたこと無かったですし、
帯域制限されるとしんどいなぁと痛感。

スマホ版Yahooメール開くのに、15秒くらいかかるのかー。とか。
なるほど、LINEの無料通話もままならないのね。とか。

ぜひぜひ、アプリダイエットに取り組んでみてくださいませー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)