モバイルルーター使用時の注意点 クラウドストレージ編

Microsoft OneDrive

みなさん、こんばんは。
SIM男です。

私は、外で仕事をする時は、
Aterm MR-03LNというモバイルルーターを単品購入して、
BIGLOBE SIMとBIC SIMを使い分けながら、
活用しています。

格安SIMの大半は、通信量制限がありますので、
大きなデータ通信を使うつもりがなくても、
意外な所で、通信容量を使ってしまうものです。

ということで、格安SIMモバイルルーター使用時の注意点をご紹介していきます。

クラウドストレージの同期に注意。

通常、外で仕事をする際には、
ブラウジングがメインで、
リサーチ等をする時には、1日に数百ページを閲覧することもザラなのですが、
それにしても、なんでこんなに通信量がいくんだろうか・・・。
と思ってました。

原因は、OneDrive。
(OneDriveとは、マイクロソフトが提供するクラウドストレージ)

もう死語になりつつある、ノマドワーカー。
僕もそんな一人です。

自宅では、メインのデスクトップPC。
外で仕事をする時は、ノートPC。

しかし、扱うデータは、常時同期しておきたいものが多いので、
クラウドストレージ・オンラインストレージは、とーっても便利。

例えば、家で、同期フォルダに、
高解像度の写真なら、まだしも。

動画なんかを追加した日には、
もう大変なことになります・・・。

これが意外な盲点でして、
以前は、Wimaxを契約していたので、
通信量を気にする事は全く無かったんですけどね・・・。

現在、主流のWimax2の場合、
月額3,780円前後で、
7GBの月間通信量制限があります。

mobile4G+だと、
2年間通信量制限なし、
月額2,680円で使えるので、
Wimax等のモバイルルーター検討中の方は、
こちらが良いかもしれません。

mobile4G+公式サイト
http://gmobb.jp/lp/mobile4gplus/

かくいう私も、このmobile4G+に乗換検討中。
MR-03LN買ったばっかなんですけどね・・・。笑

ということで、
クラウドストレージで大容量データの同期にはお気をつけください。

72時間制限のあるSIMの場合、結構簡単に限界突破できます。笑

ちなみに、

以前は、Dropboxユーザーでした。

Dropboxの無料容量は2GBとなっています。
利用開始当初は、2GBもあれば余裕すぎる。
なんて思っていたのですが、ついに、紹介枠等で増やした、
2.7GBの容量も徐々に埋まっていき、
つい先月に、もうダメだ。有料プランへ移行しよう。

と思ったのですが。

2GBの無料プランの上が、1TBで1,200円/月。

いや、そんな容量ぜったいいらないし、
1ヶ月1,200円も払いたくないなー。
ということで、色々探したところ、
OneDriveが一番お得感つよいです。

無料で15GBですし、操作性もDropboxとほぼ一緒。
スマホの写真フォルダの同期設定をするだけで、
更に15GB追加されるので、計30GBが無料!

同期フォルダを指定して、あとはほったらかしです。
PC起動時に自動で同期してくれます。

海外のクラウドストレージサービスだと、
無料で容量がもっと大きいものもありましたけど、
やっぱりセキュリティ等を考えると、大手のブランドネームが欲しいところ。

大手のクラウドストレージサービス無料容量比較

Evernote
→ 無制限(アップロード容量60MB/月)

Dropbox
→ 2GB

Sugarsync
→ 5GB

OneDrive(オススメ)
→ 15GB

15GBもあれば、多くの方にとって、
十分すぎる容量なのではないでしょうか。

先程も書いた通り、
スマートフォンの写真フォルダの自動同期を設定するだけで、
更に15GB。30GBが無料で使えるので、かなり心強いです。