留守電・キャッチホン対応の格安SIM・格安スマホ│通話オプション機能比較まとめ

みなさま、こんばんは。
SIM男でございます。

今回は、格安スマホと音声通話SIMの留守番電話とキャッチホンの対応状況、
そしてそれらのの月額費用を各MVNO別にまとめました。

留守電が使えないMVNOがある

格安スマホや格安音声SIMに乗り換えたいけど、
留守番電話・キャッチホンに対応していないのは不便すぎる!
という方の参考になれば幸いです。

格安スマホ・格安SIMの中で、
同じdocomo回線であれ、留守番電話やキャッチホンの
対応状況は、MVNOによります。

留守電やキャッチホン(割込通話サービス)が必須という方は、
必ず、下記ご確認の上、契約する格安スマホや格安SIMを決めて頂ければと思います。

留守電・キャッチホン対応の格安スマホ・格安SIM

楽天モバイル
LINEモバイル
nuroモバイル
IIJmio
UQモバイル
U-mobile
U-mobile PREMIUM
スマモバ
BIGLOBE SIM
Y!mobile 格安スマホ
Y!mobile 音声通話SIM
mineo
TONE
OCNモバイルONE
b-mobile
freetel

上記MVNOの月額費用一覧がこちらになります。

月額料金比較一覧表

+マークをクリックすると、詳細情報が確認できます。

MVNO 留守番電話月額料金 キャッチホン月額料金 詳細
LINEモバイル 324円 216円 https://mobile.line.me/
nuroモバイル 324円 216円 http://mobile.nuro.jp/
DMMモバイル 313円 非対応 http://mvno.dmm.com/
楽天モバイル 324円 216円 http://mobile.rakuten.co.jp/
IIJmio 324円 216円 https://www.iijmio.jp/
UQモバイル 380円 無料 http://www.uqmobile.jp/
U-mobile 324円 216円 http://umobile.jp/
U-mobile PREMIUM 324円 216円 http://umobile.jp/premium/
スマモバ 324円 216円 http://sumamoba.jp/
Y!mobile スマホ 無料 216円 http://www.ymobile.jp/
Y!mobile SIM 無料 216円 http://www.ymobile.jp/
mineo Aプラン 324円 無料 http://mineo.jp/
mineo Dプラン 324円 216円 http://mineo.jp/
OCNモバイルONE 324円 216円 http://store.ntt.com/p/ocn_mobile_one/
TONE 350円 250円 http://tone.ne.jp/
BIGLOBE SIM 324円 216円 http://biglobe.ne.jp/mobile/lte/
b-mobile 324円 216円 http://www.bmobile.ne.jp/
freetel 324円 216円 https://www.freetel.jp/

上記が、留守電・キャッチホンに対応したMVNOの一覧になります。
AU系MVNOは、キャッチホン無料の模様です。
キャッチホンだけ必要な方には嬉しいですね。
(mineoのdocomo回線プランはきっちりキャッチホン有料です。)

DMMモバイルの留守電・キャッチホン対応に関しては、プレスリリースで2015年10月頃より近日対応予定となっており、ようやく留守電対応となりましたが、いまだにキャッチホンは非対応です。

続きまして、下記が、留守電にもキャッチホンにも対応していない格安SIM・格安スマホ一覧となります。
留守電やキャッチホンが必須という方は、必ず、下記ご確認頂いた上で、ご検討頂くほうが宜しいかと思います。

留守電・キャッチホン非対応の格安スマホ・格安SIM

+マークをクリックすると、詳細情報が確認できます。

MVNO 留守番電話月額料金 キャッチホン月額料金 詳細
ぷららモバイルLTE 非対応 非対応 http://www.plala.or.jp/lte/
Nifmo 非対応 非対応 http://nifmo.nifty.com/
hi-ho LTE 非対応 非対応 http://home.hi-ho.ne.jp/hihomobile/lte/d/

BIGLOBE SIMが、予定の1ヶ月半遅れで、2016年3月10日より、留守電・キャッチホン対応となりました。

脱線しますが、キャッチホンが商標登録されているのか何なのか分かりませんが、MVNO各社の通話オプションメニューを見ていると、「割込通話サービス」とか「割込通話オプション」等、割込通話という名称で統一されているようです。
ただ、内容を見る限り、やはりキャッチホンと同じですね。

ということで、
格安スマホと格安SIMの留守番電話・割込通話サービスの対応状況まとめと価格比較をしてみました。

キャリアでは、留守電・キャッチホンと言えば、当たり前のサービスですが、一部MVNOでは、これらに対応していないということをお忘れなく!

この情報が何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントください!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

↑新着コメント通知や更新通知が不要な方はチェックを外してください。