SIM関連アイテムをレビュー。SIM変換アダプター&ケース

カードケース比較

みなさま、こんばんは。
SIM男でございます。

今月、契約したNifMoを次回のスピード測定から追加するべく、
SIM変換アダプターが必要となったので、購入しました。

(NifMoはiPhone用にナノSIMで契約したので、マイクロSIMのMR03LNで使うためには、変換アダプターが必要。)

ついでに、SIMケースがもうパンパンになってしまったので、SIMケースも違うものを買い足しました。

それぞれレビューしていきたいと思います。

再契約したのに、すっかり忘れていた、
OCNモバイルONEのスピード測定も次回から追加しますので、
NifMo・OCNモバイルONEの速度測定を新たに追加します。

こちら少々お待ち下さいませ。

1. アルミ製SIM変換アダプター

ネットでSIM変換アダプターを検索していると、
”アルミ製”SIM変換アダプターなるものを発見。

SIM変換アダプターと言えば、ペラペラの安いプラスチック製のものしか無いと思ってたのですが。
アルミ製!

ということで、早速注文したのが、こちら。
F.Wave アルミ製SIM変換アダプター

良い感じにチープな色味のアルマイト加工が施されています。
価格から考えたら、こんなところでしょうか。

アルミ製SIMサイズ変換アダプター

アルミ製SIM変換アダプターのレビュー

結論から言うと、私のように、
頻繁にSIMを差し替える方には、全くオススメできない商品です。

その理由がコチラ。

アルミ製SIM変換アダプター

このシールを貼り付けて、SIMカードが落ちないようにするのですが、
まさかの、裏面全面がシールになっており、
シールを貼って、SIMカードをハメると、シールでしっかり固定されてしまいます。

つまり、このアダプターから、
SIMを取り外すのに、そこそこな労力を要しますし、
そんなことを繰り返してるうちに、シールの粘着性が失われそうな気すらします。

ということで、これはお蔵入りでございます。

2. 普通のSIM変換アダプター

そして、購入したのが、こちら。
これは、同ブランドですが、普通に良い商品。

色味も高級感があって、
チャチな感じがしないです。

こちらは、オススメ。

F.Wave SIM変換アダプター4点セット

SIM変換アダプター SIMサイズ変換アダプター

多くのSIM変換アダプターがプラ製な理由が分かりました。

アダプターの素材に適度な弾力があると、
SIMが非常に外しやすい。

しかも、この商品の場合、小さな突起が付いており、
装着時は、SIMがきっちり固定されます。

それでいて、なおかつ外しやすい。

私のように頻繁に取り外す方にも、(あまりいないでしょうけど・・・)
オススメできるSIM変換アダプターです。

SIMアダプターが抜けなくなり、故障。

Aterm MR03LNのSIMカード挿入口付近にある端子3本が、逆方向に曲がりました。

SIM取り外し時に、アダプターの隙間に、
板バネ的な端子が引っかかり、
あれ?抜けない!

ちょっと色々動かしながら、引きぬいた結果、
本来、本体内向きに折り曲げられている端子が全て、
すべて外向きに出てきた結果、SIMカードを挿入できなくなるという事態に。

ということで、Aterm MR03LNを修理に出すか、
分解してみるか、ちょっと考えます。
(ただ、分解しても無理そう。)

SIMアダプターが引っかかって抜けない!
となった時には、先駆者たちが、
抜き方を開発していました。笑

SIMアダプタが抜けないときの裏技

 

当サイトで連載している、
格安SIMの速度比較
今回の事件があったので、次回以降、
nano SIMで契約している、NifMoの速度測定テストのみ、
iPhoneでのテザリング接続となります。
(micro SIM契約の格安SIMは、Aterm MR03LNで接続)

ご了承ください。

3. SDカードケースに大量のSIMを入れてみる

以前の記事「便利なSIM管理グッズ」でご紹介した、
SIMケースでは、もうどうにもこうにも、
無理な事態と相成りました。

理由は、契約SIMが増えすぎた為でございます。

ということで、
ネットで色々探したのですが、
どこもSIMケースも5枚程度までしか入りません。
(当たり前か。)

私のような10枚近いSIMを持つ、
変人向けのSIMケースが存在せず、
しょうがなくメモリーカードケースを購入してみました。

購入したのは、BUFFALOのアルミSDカードケース
アルミ製でしっかりした造りにも関わらず、
衝撃の安さ。

BUFFALO製SDカードケース SD8枚とマイクロSD8枚収納

質感は良い感じ。

アルミ製メモリーカードケース

SDカードケースなので、
SDカードとマイクロSDカード用に区切られています。

クッション素材

↓JAPAEMOのSIMケースでも9枚まで入りますが、
白い部分が粘着性素材になっているため、
写真左側の3枚は、取るのに非常に苦労します。

SIMカードケース

最初は、SIMの製造番号とMVNOの紐付けをEXCELで管理していたのですが、
面倒くさくなって、SIMに直接MVNO名を書きました。笑

1ヶ所に収まりました!素敵。
これでSIMピンやSIMアダプターもこのケースに入れて持ち歩けます。

収納力抜群

SIM枚数が多い、私のような変人には、オススメの商品でございます。

カードケース比較

ということで、また近いうちに、
速度測定を行って、結果を共有したいと思います。

今しばらくお待ち下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)