BLU GRAND X LTE実機レビュー!価格・スペックやベンチマークで徹底評価!

BLU GRAND X LTE_本体新品画像

BLU GRAND X LTEのレビューに参りたいと思います。
今までは、ミドルレンジ以上の人気機種をベースにレビューを行ってきたのですが、今回エントリーモデルのレビューとなります。

なんと言っても、価格の魅力がでかすぎる!そんな機種。
安いとはいえ、電話・メース・SNS・ブラウジングなら全くもって問題なし!!
そんな一台がBLU GRAND X LTE。

さて、早速レビューに行きましょう!

そもそもBLUって、どこぞの何者よ?

今回レビューする、「BLU GRAND X LTE」ですが、「BLU」がメーカー名、「GRAND X LTE」がモデル名(機種名)となっています。

このBLUってメーカー、なによそれ?聞いたこと無いんだけど。
という方、わかります。私もおんなじです。笑

ということで、BLU調べました。

意外にも中国企業ではなかった「BLU Products」

低価格をウリにする端末だけあって、また新進気鋭の中国ブランドかと思われますが、これ実は、アメリカのフロリダ州マイアミに本社を置くアメリカ企業。

日本人の感覚だと「ブルー」って読むのか?って感じですが、正式には「ビーエルユー」
会社名の正式名称は、「BLU Products(ビーエルユープロダクツ)」

ちなみに、「BLU」は、「BOLD LIKE US」の略。

一時期、話題になったセキュリティ問題が心配?

格安スマホ関連のニュースに敏感な方なら目にしたニュースかもしれません。
2016年11月、主にアメリカ市場向けに販売していた「BLU R1 HD」や「BLU Life One X2」等の一部モデルにおいて、通話履歴やテキストメッセージの情報を上海にあるサーバーにバックグラウンドでユーザーの承諾なしに送信していた。という事件。

BLUのすべての製品で、この問題が発動していた訳ではありません。

ADUPSのファームウェアが問題だった

何が問題だったのかというと、Shanghai ADUPS Technologyという会社が提供するファームウェアを搭載していたスマホがこの問題に苛まれました。

ADUPSのファームウェアにこの潜在的なバグとも言える問題があった為で、BLUが関与していた事実はないようです。

日本市場向けの2機種はGoogle製ファームウェアを採用

日本市場で販売されている「BLU GRAND X LTE」と「BLU GRAND M」に関しては、先述のADUPS製の「Adups OTA」ではなく、Google製の「GOTA」。

さらに、BLUでは、これらの問題を受け、以後発売する機種に関しても、Google製の[GOTA]を採用すると発表しています。

安心して下さい。スパイウェア入ってませんよ!

また、日本市場で販売されているこれら2機種の輸入元は「ソフトバンク コマース&サービス株式会社」、ソフトバンクグループですので、そのノウハウからも安全・安心な端末のみを輸入しているのではないかなと思います。

どちらにせよ、「BLU GRAND X LTEってスパイウェアが入ったスマホでしょ?」なんて思う必要はありません。ご安心を。

BLU GRAND X LTEの価格は?MVNO別販売価格まとめ

さて、前置きが長くなりました!
スパイウェアが仕組まれているから安い訳ではないことは、当記事上部で十分におわかり頂けたかと思います。笑

BLU GRAND X LTEの最安値は一括100円!

まだ取扱MVNOが少ないモデルなのですが、価格比較を行っていきたいと思います。
最安値は驚愕の100円。

MVNO 一括価格 分割価格
Y!mobile 100円 分割不可
LINEモバイル 9,800円 分割不可

いやどうせ、月額4,000円とか掛かるんでしょ?

最近、しっぽりと密かに、SIMフリーの格安スマホの取扱を始めたY!mobileさん。

”端末価格100円”と聞くと、どうせ分割払い金が上乗せされて月額5,000円とか7,000円とかするんでしょ?

”一括”100円なので、端末代金が月額料金に上乗せされることはありません。

つまり、通常のY!mobileの月額料金だけの支払いでOK。
2GBプランなら、月額2,138円。
6GBプランなら、月額3,218円。

さらに、Y!mobileは全プラン、10分かけ放題が無料付帯します。

BLU GRAND X LTEを買う場合の初期費用は、下記2つが必要となります。
・機種代金100円
・契約手数料3,240円

もうね、驚異的な安さ。としか言いようがない。

BLU GRAND X LTEレビュー

BLU GRAND X LTEの日本正規品を入手しましたので、レビューしていきたいと思います。

まず、BLU GRAND X LTEのスペックをご紹介した後、実機の開封レビューやベンチマークをご紹介していきます。

BLU GRAND X LTEスペックまとめ

こちらにBLU GRAND X LTEのスペックをまとめました。
基本性能を抑えて、低価格をウリにした端末と伺えます。

BLU GRAND X LTEスペック表
サイズ 146.0 x 72.3 x 9.4mm
重量 167.2g
液晶サイズ 5.0インチ
解像度 720×1280(294ppi)
OS Android 7.0 Nougat
CPU Mediatek MT6737(1.25GHz)
コア数 4コア
メモリ 1GB
記憶容量 8GB
バッテリー容量 2,400mAh
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
(セルフィー用フラッシュ搭載)
下り最大通信速度 150Mbps
上り最大通信速度 50Mbps
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth v4.0 / A2DP
センサー類 加速度センサー
近接センサー
環境光センサー

RAMが1GBと頼りないスペックであるのも確かですが、電話・メール・SNS・インターネットといった基本的な使用であれば、十分耐えうるスペックなのかもしれません。

とはいえ、Y!mobileなら100円ですからねぇ。
価格的には、これ以上に魅力的な格安スマホはありません。

格安スマホの中の格安スマホです。

キッズスマホやシニアのスマホデビューには最適な端末かと思います。
前面カメラにセルフィー用のフラッシュが搭載されていることからも、海外市場ではティーンエイジャー向けに製造されている端末だと伺えます。

日本人の高校生なんかは、iPhone大好きですが…。笑

BLU GRAND X LTE開封レビュー

いざ!BLU GRAND X LTEの開封レビューへ!

ブラックとゴールドを基調としたデザインで、最近のシンプルでホワイトなスマホパッケージとは一線を画すデザイン。

BLU GRAND X LTE

パッケージ底面には、スペックの概要が書かれています。

BLU GRAND X LTEパッケージ底面

さっそく、開封!

BLU GRAND X LTE開封

本体が乗っているトレーをどけると、
付属品や説明書ですね。

BLU GRAND X LTEパッケージの中

BLU GRAND LTE Xの付属品

まず、付属品がこちら。

BLU GRAND X LTE付属品一覧

説明書とかマニュアルの類と純正カバー。

BLU GRAND X LTE付属書類一覧

イヤホンマイク・USBケーブル・SIMピン

イヤホンマイクやUSBケーブルは至って普通のもの。
イヤホンマイクの束ね方が雑な所がTHE格安スマホって感じですね。笑

BLU GRAND X LTEイヤホンとUSBケーブル2

BLU GRAND X LTE純正カバー

BLU GRAND X LTEには、純正のカバーも付属してきます。

BLU GRAND X LTE純正ソフトカバー

最近は、メーカー純正のカバーがついてくることが多いですが、Huawei端末で付属してくるカバーがハードカバーなのに対し、BLUの純正カバーは、ソフトカバー。(シリコン製?)

グニャングニャンに曲がるやつです。

BLU GRAND X LTEシリコンケース

BLU GRAND X LTE APN設定ガイド

APN設定の方法がまとめてあるマニュアル「初期設定ガイド」

BLU GRAND X LTE_初期設定ガイド

使っているMVNOに合わせてAPNを選択してくださいねという感じです。
日本向けに販売されている国内正規品の場合、日本のMVNOがプリセットされていますので、選択するだけという感じです。

BLU GRAND X LTE_APN設定方法1

プリセットされていないMVNOの場合には、自分で登録する必要がありますので、その場合には、こちらを参照。

BLU GRAND X LTE_APN設定方法2

APN設定がプリセットされているMVNO

このGRAND X LTEにプリセットされているMVNOの一覧がこちら。

ちなみに、今回レビューしている端末はY!mobileで購入したものではありませんので、Y!mobileがプリセットされていません。

・BIGLOBEモバイル
・DMMモバイル(dmm.com)
・DMMモバイル(vmobile.jp)
・IIJmio
・LINEモバイル
・OCNモバイルONE
・So-net
・b-mobile
・mineo(Dプラン)
・エキサイトモバイル
・楽天モバイル(rmobile.co)
・楽天モバイル(rmobile.jp)

BLU GRAND X LTE 説明書

GRAND X LTEの取扱説明書がこちら。

BLU GRAND X LTE_説明書

最初の数ページは、いつもお決まりの「取扱上の注意」的なページがずら~っと続きますので、ここは省略。

BLU GRAND X LTE_取扱い上の注意

各部の名称ですね。
このGRAND X LTEの特徴として、インカメラの隣に、セルフィー用(自撮り用)のフラッシュライトがついているのが特徴的です。

あとは、日本で人気となっている定番のスマホと同じですね。

BLU GRAND X LTE_主な機能

本体背面には、フラッシュとカメラだけのシンプルデザイン。

BLU GRAND X LTE_各部の名称

SIMカードの取り付け方

BLU GRAND X LTE_はじめに&機器設定

残りのページは、英語版になっています。

BLU GRAND X LTE 保証書

BLU GRAND X LTE_保証書兼保証規約

これが保証書兼保証規約となっています。

こちらが保証規約の部分。

BLU GRAND X LTE_保証規約

そして、裏面に保証書の部分があります。

BLU GRAND X LTE_保証書

BLU GRAND X LTE 本体レビュー

BLU GRAND X LTE本体のレビューへと移りましょう!

BLU GRAND X LTE_本体新品画像

保護フィルムにも簡単なスペックの記載が。

BLU GRAND X LTE_本体新品_正面

本体背面の保護シールには、

BLU GRAND X LTE_本体新品_背面

SIMカード・Micro SDカードの取り付け方が載ってます。

BLU GRAND X LTE_カード類の取り付け方シール

日本正規品の場合、本体背面の保護シールのバーコード上部に「Importer : Softbank Commerce & Service Corp.」の記載があります。

本体背面は、光沢塗装でもなく、つや消しでもない、それらの間の感じですね。

BLU GRAND X LTE_本体背面

本体前面がこちら。

BLU GRAND X LTE_本体正面

本体右側面。
上部にSIMスロット、その下に電源ボタンを配置。

BLU GRAND X LTE_本体右側面

本体下部には、
・マイクロUSBソケット
・イヤホンジャック

BLU GRAND X LTE_本体底部

本体左側面には、
・音量調節ボタン

BLU GRAND X LTE_本体左側面

本体上部には、何もなし。

BLU GRAND X LTE_本体上部

↓写真の中央がスピーカー。

左側にあるのがインカメラで、
右側にあるのがセルフィー用のフラッシュですね。

BLU GRAND X LTE_自撮り用フラッシュ

起動と初期設定

GRAND X LTE 起動時アニメーション。

BLU GRAND X LTE_起動_BLUロゴ画面2

言語を選択して、「始める」ボタンをタップ。

BLU GRAND X LTE_ようこそ画面

SIMカードが手元にある場合、SIMカードを挿入しておきましょう!

BLU GRAND X LTE_SIMカードの挿入

Grand X LTEのセットアップ。
新しい端末としてセットアップするか、
他の端末のデータを引き継いで使用するかを選択します。

BLU GRAND X LTE_セットアップ

つづいて、Wi-Fiの設定。
Wi-Fi環境がある方は、こちらで接続しましょう!
セットアップ完了後に、システムファイルのアップデートがある可能性があります。

BLU GRAND X LTE_Wi-Fiへの接続

ソフトウェアアップデートのチェックが入ります。

BLU GRAND X LTE_ソフトウェアアップデート

つづいて、Googleアカウントの設定。
Gmailなどをお持ちの場合は、そのIDとPWでログインしましょう!

BLU GRAND X LTE_Googleアカウントの追加

Google利用規約への同意画面

BLU GRAND X LTE_Google利用規約への同意

Googleサービスの設定

BLU GRAND X LTE_Googleサービス

セキュリティの設定ですね。
画面ロックの解除方法を選択し、コードやパターンを登録します。

BLU GRAND X LTE_スマートフォンの保護

その他の設定。
特になければ、下にスクロールして、次へ!

BLU GRAND X LTE_その他の設定項目

ようこそ!
これにて、BLU GRAND X LTEの初期設定が完了となります。

BLU GRAND X LTE_初期設定完了

BLU GRAND X LTEのホーム画面。

BLU GRAND X LTE_ホーム画面

起動完了してスグに、ソフトウェアアップデートの通知が来たので、アップデートします。

容量が400MB近くあるので、Wi-Fi必須ですね。笑

BLU GRAND X LTE_アップデート

端末の製造時期によっては、新しいソフトウェアがインストールされて出荷されたりしますので、全ての端末で初期設定完了後にソフトウェアアップデートがある訳ではありません。

BLU GRAND X LTE_アップデート完了

BLU GRAND X LTEのベンチマークスコアまとめ

さて、BLU GRAND X LTEのベンチマークスコアをレビューしていきましょう!
そもそも、格安スマホの中の格安スマホなので、そこまでのスペックを望んではいけません。
期待せずに見ていきましょう。笑

Antutuスコア

項目 スコア
総合 28,838
3D 2,755
UX 10,770
CPU 10,725
RAM 4,588

マルチタッチテストでは、2点という結果に。
(同時に2本でのタッチしか認識できない。)

最近の端末では、10点認識が多くなっているので、このような細かい点でのコストダウンで10,000円を切る価格を実現出来ているんだなと思います。

ただ、実際問題、10点マルチタッチって、いつ必要なんだ?って話なんですけどね。笑

Geekbenchスコア

項目 スコア
Single Core 537
Multi Core 1,518

PC Markスコア

項目 スコア
Work2.0
Performace
2,615
Work2.0
Battery life
4h45min
Storage Score 1,352
Computer Vision 1,500

性能面ではお世辞にも良いとはいえない端末ではあります。
しかし、Ymobileでの一括100円という価格だからこそ、用途によっては検討すべき端末。

参考:Ymobile – BLU GRAND X LTE

予算が3万円あるなら、P10 lite等を買うほうが満足度が高いのは間違いないです。
なので、通話・SNS・メールしか使わないような方向けであると言えるでしょう。

やはり、キッズスマホやシニアスマホとして活用する方が多いのではないでしょうか。

ということで、BLU GRAND X LTEのレビューでした!