私が考えた最安プラン 格安SIMの携帯+格安SIMのモバイルルーター

まず、今の携帯料金の状況からご紹介していきたいと思います。
私の場合、毎月コンスタントに14,000~15,000円を支払っています。

私の携帯料金支払い例

契約内容としては、こんな感じ。

キャリア : docomo
基本契約プラン : タイプXi(旧プランの為、現在新規契約不可)
パケット定額プラン : Xiパケ・ホーダイ フラット(旧プランの為、現在新規契約不可)
端末割賦契約 : 24ヶ月(残支払いあり)

上記に加え、

・通話料
・SPモード利用料
・オプションパック利用料(留守電・キャッチホン・メロディーコル)
・端末分割代金(月々サポートを加味すると、実質支払いは月1,050円)
・SPモードコンテンツ利用料

を加えて、大体毎月14,000~15,000円になります。
端末代金を抜くと、13,000~14,000円ですね。

最近になって、イオンスマホ第三弾が出るとの情報を受け、
ネットで調べてみたところ・・・

猛烈に安いじゃないか。

ということで、格安SIMへの乗換えを検討しだしたという経過になります。

私の場合、通話料は毎月1,000~2,000円程度。
前回の記事で掲載しましたとおり、
BIGLOBEのライトSプランに乗り換える場合でも、
6,043円安くなるので、
トータルで考えると、毎月7,000円程度安くなる計算です。

つまり、格安SIMに乗換えたとしても、
6,000円程度で済む計算に。

ただーし!

現在のパケットプランとは異なり、
私が現在契約しているのは、パケ・ホーダイフラット。

これは、月間7GBまで使えるプランであり、
毎月6GB~7GB使っております。

なので、BIGLOBEのライトSプランだと足りない。
テザリングを多用するので、携帯のバッテリーのことを考えると、
この際、モバイルルーターも買い増そうという決断に至りました。

ちなみに、格安SIMでテザリングが使えるかどうかは、使用する携帯端末によって、かなりマチマチです。
今後、いつか機種変更することなどを考えると、
テザリングを多用するのであれば、モバイルルーターを別途購入するのが安牌です。
その上で、携帯に挿す格安SIMは、通信量の少ないものにして、
携帯料金を抑えれば、別途モバイルルーターを持ったとしても、
あまり負担にならないなと。

このように、フレキシブルに携帯やモバイルルーターのプランを組めるのが、
MVNOの提供する格安SIMのメリットでもあります。

モバイルルーターの契約に関しても、
Wimaxがいいのか、格安SIMがいいのか、
色々と検討しましたが、こちらも格安SIMでいきます。

10月末にGMOとくとくBBが限定募集していた、
月額399円(税抜き)の究極割。

あまりの人気に一旦募集終了になり、その後、月曜から再募集します。
とのことで狙っていたのですが、募集開始20分後にアクセスした際には、既に募集終了。

はやっっっ!!!!

というわけで、究極割をあきらめ。

Wimaxの通常契約とモバイルルーターを比較してみました。

またこれに関しては、長くなりそうな予感がするので、
後日記事にて、詳細をご紹介していきます。笑

ということで、申し訳ありませんが、
次回記事をお待ちくださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気軽にコメントください!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

↑新着コメント通知や更新通知が不要な方はチェックを外してください。