ASUSの新端末「ZenFone Max」レビュー。一部MVNOで予約開始!

zenfonemax

みなさま、こんばんは。
SIM男でございます。

本日は、ASUSの新ミドルレンジ端末「ZenFone Max」のご紹介です。
個人的には、宝の持ち腐れ感の強い端末なので買いませんが、少し調べてみたのでご紹介していきます。

ZenFone Max

格安スマホユーザー御用達ASUSのZenFoneシリーズの新端末ですね。
3月下旬から配送開始となる模様ですので、MVNO各社の公式サイトで徐々に登場してくるかと思います。

本体カラーは、ブラック(型番:ZC550KL-BK16)とホワイト(型番:ZC550KL-WH16)の2色展開となっています。

ZenFone Max ASUS公式動画

なにがMaxなの?

こちらのZenFone Max(型番:ZC550KL)ですが、なにがMaxなのかというと、「バッテリー容量をMaxまで増量しました。」ということでしょう。(当方の妄想の為、真偽は不明)

現在使用中のArrows M02のバッテリー容量が2,330mAh。
深夜まで仕事が長引いた時には、家に付いた時点で10%~20%程度しか残量が残ってないことが多いですね。
(やはりXperiaの方が諸々良かったなと思うこの頃です。これはまた今度の機会に。)

それを考えると、搭載バッテリー容量が5,000mAhということで、もう2日程度充電なしで持ちそうな予感。

相当時間、動画を見るわけでもアプリでゲームをする訳でもないので、5,000mAhなんて当方には宝の持ち腐れになります。

モバイルバッテリーを常に持ち歩いていないとキツイ!っていう方には、嬉しい端末かもしれません。

ZenFone Maxのスペック

ということで、ZenFone Maxのスペックを簡単にまとめました。
ASUS公式カタログより、主要項目のみ抽出しています。

ZenFone Max仕様表
液晶サイズ 5.5型ワイドIPS液晶
解像度 1,280×720(HD)
本体重量 202g
OS Android 5.0.2
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 410
CPUコア数 クアッドコア
CPU動作周波数 1.2GHz
GPU Adreno 306
RAM(メモリ容量) 2GB DDR3
ストレージ容量 16GB
アウトカメラ 1,300万画素レーザーオートフォーカス
インカメラ 500万画素
 おサイフケータイ 非対応

ASUS ZenFone Max公式カタログ

モバイルバッテリーとしても利用可能

このASUS ZenFone Maxの最たる特徴であるバッテリー容量ですが、この長所をモバイルバッテリーとしても利用可能とのこと。

「リバースチャージ機能」として、公式カタログでもピックアップされています。

一部MVNOでは、予約受付開

早くも、一部MVNOにおいて、ZenFone Maxの予約受付が開始されています。
そもそも、ZenFone Maxの日本国内での配送開始が3月下旬のようなので、どこで買っても3月末までは手に入らないことになります。

また、MNPでの受付も3月下旬より開始とのことなので、もうしばらく待ちましょう!

現時点で、ZenFone Maxの予約受付を開始しているのが、下記MVNO。

BIGLOBE SIM

端末ラインナップ画面にも、他の端末と同じように並んでいますが、先程も書いたとおり、配送時期は3月末なのでご注意ください!